でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20170608115029g:plain

f:id:e-vis:20170527114136g:plain f:id:e-vis:20170527114752g:plain f:id:e-vis:20170613072942g:plain

歴史とか、紀行とか

十字の紋@古代はオカルト

※スピ系ブログhttp://healing.hateblo.jp/ ※拙ブログ内の画像や文はフリーです。 ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。 Sponsored Link // // 拙ブログへお越しいただきありがとうございます。 同じ記号を合わせると、パワーをもつのかしら。 これ…

皇室の敵@法則発動とか

※拙ブログ内の画像や文はフリーです。 ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。 拙ブログへお越しいただきありがとうございます。 過去の日本の歴史において、易姓革命にもとづいた皇統の簒奪や、皇室をおびやかし乗っ取り取って変わろうとする方々は…

托卵@豊臣家

中国史最大の托卵が、秦の始皇帝なら、日本史上最大の托卵が、豊臣秀頼なのよね。 豊臣秀頼は、やっぱ、托卵でしょ。 おそらく、秀吉は気が付いてたのね。でも跡取りが欲しいから、目をつぶったのね。 北政所も、その意を汲んで黙認はしたけど、秀吉の死後は…

天皇家@古代エジプトとか

エジプト王朝では、近親婚が盛んで、娘の王女が、父の妃になることも珍しくなくて、普通だったのね。王の妻になった王女のポディション的には、王妃と側室の間の地位にあったらしいの。その王妃も、近親で、姉妹だったりするのね。 兄妹、姉弟の婚儀もめずら…

イスラエル@もんだい

【7月18日 AFP】パレスチナ自治区ガザ(Gaza)地区に対するイスラエル軍の攻撃は18日で11日目を迎え、医療関係者によるとパレスチナ側の死者は18日までに261人に達した。 第二次世界大戦のあと、ユダヤの方々のための人権侵害の補償として建国されたのが、今…

妻@最終兵器

アキエさん@楽しそうですね。べつに、このパレードの主旨がどうのというのではなくて、祭りがあって祭りあげられてくれるなら、どこでもいい、なんでもいい、だれでもいい、というスタンスが恥ずかしいわ。祖国や夫を侮辱する国のつくったブームにのり、「…

ナポレオンの@皇帝の椅子

美術館にあった、ナポレオンがつかった折りたたみ椅子。美術館員さん「お椅子に、すわっちゃえ」破損??(゚Д゚)館員さん@懲戒委員会にかけられる木製だったんでしょうか。 傷んでたんでしょうね。 あるいは、館員さんが、重かったか、、、。 それはそうとして…

今昔@仏国ファーストレディー

オランド仏大統領 事実婚の相手と別離 タグ: ヨーロッパ, 記事一覧, 社会・歴史, 国際 26.01.2014, 04:15 フランスのオランド大統領は、事実婚の相手であるジャーナリストのヴァレリー・トリルヴェレールさんと別れる意志を固めたようだ。フランスのマスコミ…

もののふの@覚悟

葉隠のなかで、とある身分の高かったお侍さんの奥さんの一族が失脚して、お侍さんにもその類がおよび、失脚して蟄居の身となってしまった。赤貧困窮の毎日がつづく。みかねた友人が訪い、「何故、嫁さんを離縁しないの?」(・ω・)ナゼ?「そうすれば、復帰でき…

3代目@7代目

金家の3代目さんは、常識人が予想できないところを基点にして発想を展開して、現実世界ににアクセスしてきますね。利己的、保身的だった先代さんは、それゆえに、莫迦すぎることはしないという意味で、行動がよめましたが、3代目さんは異次元すぎて、ついて…

ヘッジさん@今昔

昔、江戸時代のころ、経済の中心は大阪だった。江戸時代には、小型なりに資本主義がそだっていて、鴻池という大富豪もでてくる。莫大な資産を、市場から引き上げたり下げたりして、そのたびに、相場の値が動いたという。でも、こうした江戸の大富豪たちは、…

サッチャーさん@カテリーナ・スフォルツア

英国のマーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)元首相の葬儀が17日、ロンドン(London)中心部のセントポール大聖堂(St Paul's Cathedral)で執り行われた。葬儀にはエリザベス女王(Queen Elizabeth II)をはじめ、国内外の要人が参列した(2013年4…

ロシア富豪・ナポレオン2世@毒殺

亡命中のロンドンでくらしてたロシアの富豪が謎の死をとげたという。 で、暗殺が疑われたけど、放射能や毒物による暗殺の可能性はないらしい。 たぶん、亡命者が突然死しても、故人が高齢者だし、他の国だと暗殺の嫌疑はかからなかったとおもふ。 ロシアだか…

あけおめ@2013年

無事2013年になりました。おめでとうございまふ。 ( ̄▽+ ̄*)おめでと 今年もよろしくお願い申し上げます 京都が最近気になってて、新年あけて京都御所のあたりを散歩したあと、八坂神社へいってきました。八坂神社は堀田氏のルーツだそうで、ここから堀田氏…

折り返し@地点

9月になりましね。更新するの、おひさしぶり。北摂では、短時間の雷雨が頻繁におこり、夏は終わるんですムード満載。昼間はまだまだ暑くて、雲はまだまだ元気な入道雲で、蒼い空に泡のように沸いてますが、今年はとくに、雷がおおいですね。夏の始まりと終わ…

ナイチンゲール@改革者 続きの続き

フローレンス・ナイチンゲールは、名門の家に2人姉妹の次女として生まれた。 幼少より同情ふかく、それに加えて意志のつよい娘で、下層階級への慈善活動にかかわり、ついには、慈善事業に生涯を尽くすと志を立てたのだ。 当時では賤職とされていた看護婦に…

ナイチンゲール@改革者

子供のころ、一番読んでいた伝記がナイチンゲールの伝記だった。 ほかにも、野口英世とか、リンカーンとか、ベートーベンとかいっぱいあったけど、なぜか、この人の伝記がいちも身近にあった。偉人の伝記マンガでも、ナイチンゲールの漫画があって、キャラク…

黒備えの@武将

また、黒い服かってしまった。全ての色を混ぜると黒になる。全ての色の光をあわせると白になる。どちらも、ずべての民族共通の喪の色だったりする。「黒はきちんと着ると、一番派手な色なんだって、奥様がいってたよ」佐藤賢一氏の作品の主人公が黒太子エド…

孔雀@寵姫

唐突だけど@孔雀が好きだ。あの鳥の美しさは尋常でない。本来、三次元のものではないと思う。雄はもとより、雌の孔雀も喉元の色香も反則だとおもう。ただ、眺めているだけで、造形美だけで、この世の苦渋を忘れることができる生き物ってそうないね。私がロ…

映画細雪@芦屋がうしなったもの

映画の細雪を見た。谷崎潤一郎の小説の映画化されたもので、石坂浩二をはじめ、当時の一流の俳優さん、女優さんで固めてある。あらすじの展開を楽しむ映画というより、展示された工芸品を眺める博物館のような作品だった。大阪船場の名門の商家の跡取りの長…

美人の@条件1

女性の、美しくなりたいという願望は、古今東西尽きることはなさそうだ。古代インドでは、鼻の高くする整形外科手術がおこなわれていたという。現代ではスリムで長身が今の現代の美の基準であるのは間違いない。それは良しとして、細い=美しいという方程式…

美人の条件2

でも、江戸時代の美人像はちょっとちがう。江戸時代の美人の基準は、皮肉なことに、男性だった。女性の遊女でもなく、大奥の女性でもなく、貴族でもなく、それは、歌舞伎役者の女形、これが、美人の雛形だったような気がする。舞台栄えするためには背が高く…

美人の@条件3

古代の大陸の王様で、細い女性が好きだった人がいた。柳腰の女性ばかり好んだので、この時代では、絶食する女性が後をたたず餓死する妃、女性もいたという。皇帝意外は皆奴隷の状態の大陸では、やっぱり、基準が君主が決めている傾向があったらしい。今現在…

巨人部隊@加賀鳶

昔、遣唐使のころ、日本側は、特使や留学生は、わざと、長身の人間を選んだという。そのため、大陸側は、日本人は長身の民族だと思ってたらしい(笑) 麻生総理がドイツを訪問したとき、 空港でベレー帽かぶったドイツの兵士さんたちが 警護でずら〜〜っと、…

名君の芋@ジャガイモ&;サツマイモ?

無粋で洗練されてない人や物をイモと表現することもある。江戸時代、流行と消費の都市であった町人の粋とは間逆に、武家の質朴さをからかった川柳が沢山残っている。支配階級のほうが貧しかったという文明って珍しいと思う。当時のサラリーマンであった武家…

海辺でおもう@いろいろ

先日、海をみにいってきた。海岸で、ただ、ただ、波をみていた。暑かった@でも気持ちのいい日だった。 日本の海は、見ているものに、その向こうになにがあるのだろうかとか、どんな世界があるかとか、征服欲や、冒険心を奮い立たせる何かがかけている気がす…

不肖の5代目

久々にTVをみてしまった。 私は、TVはあんまり見ない人なのだが、たまたま時間がぽっかり空いたのである。 内容は、ローマ帝国をあつかった特集の番組だった。 日本のスタジオで収録した司会者と番組参加者、 日本のタレントがレポーターとして取材したロー…

若狭にきたよ 常高寺

「でれでれ」なるままに、常高寺に行って来た。参拝客が他におらず、貸しきり状態なのは嬉しい。 盛りを過ぎた紅葉の名残がまだ残っていた。戦国のころ常高院という女性がいた。 常高寺はこの人のゆかりの寺だった。 常高院は、NHK大河ドラマおなじみの三姉…