でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20161205203522g:plain

f:id:e-vis:20170521122058p:plain

f:id:e-vis:20170525092906g:plain

Sponsored Link

常陸宮さま@おめでとうございます

背景透明です。菊紋つきナマズさんファミリー。

f:id:e-vis:20151128154811g:plain

※ナマズさんのイラスト集はこちら。ご自由におつかいくださネ。

商品化もOKヨ。

http://e-vis.hatenablog.com/archive/category/%E7%9A%87%E5%AE%A4%E3%83%8A%E3%83%9E%E3%82%BA%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E6%8B%A1%E6%95%A3%E7%94%A8

 常陸宮さま、80歳に

f:id:e-vis:20151128160059j:plain

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

常陸宮さま、80歳の傘寿:朝日新聞デジタル

天皇陛下の弟、常陸宮さまが28日、80歳の傘寿を迎えた。宮内庁によると、足が不自由なため車椅子を利用しながら公務に取り組んでいる。式典でお言葉を述べるため、「生麦生米生卵」などの早口言葉やボイストレーニングに毎日励み、妻・華子さま(75)と都内や近県の公園を散策したり、野鳥を観察したりして過ごしている。

(ここまで)

 

Sponsored Link

 

常陸宮正仁親王

常陸宮正仁親王 - Wikipedia

生い立ち
1935年(昭和10年)11月28日、

昭和天皇香淳皇后の第二男児として誕生。幼少期に、軽い小児麻痺を患う。
1939年(昭和14年)12月

満4歳で宮中を出て移居し、傅育官のもとで育てられる。移居に際して昭和天皇は「移居先を明るい気持ちの良い場所とするよう」要求し、移居を「淋しい」と述べている。

移居後の12月7日には「英国王室に於ては宮中にて皇子傅育をしてゐるが、日本では何故出来ぬか」との言葉を残した。
戦後は、皇太子明仁親王(当時)とともに、開かれた皇室のイメージを自ら演出。正仁親王をモデルとして描かれたとされる漫画の主人公から命名された「火星ちゃん」(表題・キャラクターと同名)の愛称で、国民に親しまれる。

1955年(昭和30年)11月28日

成年に達し、大勲位に叙され、菊花大綬章を授けられる。1958年(昭和33年)学習院大学理学部化学科を卒業し、理学士の称号を取得。その後東京大学大学院理学研究科研究生となり、動物学を専攻。


1964年(昭和39年)2月20日

f:id:e-vis:20151004001516j:plain

徳川義寛侍従邸で、彼の姪・津軽華子と見合い。2月22日に津軽家が縁談を受諾し、2月28日の皇室会議で婚約が内定。

4月14日の納采の儀9月15日の告期の儀を経て、9月30日に結婚の儀。沿道には5万人が集まり、祝福した。

 

宮家創設

f:id:e-vis:20151128154918j:plain

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

1965年10月26日、

正仁親王妃華子と結婚の儀にともなって、同日、常陸宮家が創設される。

 

常陸宮家は、戦後初の宮家創設であり、宮号は、律令時代より、親王国司に任じた(親王任国常陸国から選ばれた。

華子妃との間に子女は無い。
住居(常陸宮邸)は東京都渋谷区常磐松町(現在の東四丁目)の常盤松御殿に定められた。常盤松御殿はそれまで皇太子明仁親王(当時)の御殿で、第二次世界大戦前までは東伏見宮邸であったところである。


常陸宮正仁親王は公務のかたわら癌の病理学的研究をつづけ、1969年(昭和44年)から財団法人癌研究会癌研究所の客員研究員を務め、2001年(平成13年)1月から癌研究会名誉総裁に、2012年(平成24年)12から高松宮妃癌研究基金総裁にそれぞれ就任した。

(ここまで)

 

毒女・美智子の天下になった皇室。

そして、狂人・朝鮮人雅子の入内。

正田、小和田、左翼、創価学会、朝鮮、の蚕食に暴走。

さぞかし、ご無念なこともあったと思われます。

美智子、雅子と、怪しくも卑しいものたちが、皇室の伝統も資産も食いつぶしてこられるのを、見てこられたと思います。ぜひ、成敗されるのも、見届けていただきたいなって、庶民は願っております。

 

 

f:id:e-vis:20151127172057g:plain

f:id:e-vis:20151128160558g:plain

 

件名

徳仁親王のDNA検査と結果の公表を希望します。

要望

一部に置いて、「徳仁皇太子殿下の実父が、明仁天皇ではなく朝日新聞記者の佐伯晋ではないか」との憶測がなされています。

佐伯氏と徳仁皇太子の比較写真も出回り、あまりに酷似しているとの声も高く無視できません。

 皇位継承権は、神武天皇よりつづく男系の血統によって相続されるはず。

海内外の複数の調査会社による厳密なる検査と、結果の公表を希望します。

(以上)