でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20161205203522g:plain

f:id:e-vis:20170521122058p:plain

f:id:e-vis:20170525092906g:plain

Sponsored Link

ベルギー国王夫妻来日@友好と友情

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。 

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 ※日記系ブログ更新しました「ボブ・ディラン@ノーベル文学賞」

 

本日もお越しいただきありがとうございます。

皇太子・ベルギー王の「友情」

f:id:e-vis:20161015103750j:plain

遠路はるばる極東まで国のために来日されたベルギー国王夫妻。

昭和天皇崩御のおり、まっさきに大葬の礼への参列を表明したのがベルギー王室でした。第二次世界大戦がらみの怨恨もあり、見送るかどうか迷っていた西側の国家元首は多かったのですが、ベルギー王の参加表明をきっかけに、つぎつぎと参列を表明し来日されました。

皇室にとって、ベルギー王室は恩ある王室だと思います。そのベルギー国王夫妻に、徳仁夫妻が、またしても迷惑をかけているようです。

Sponsored Link

 

 

朝日新聞さんとこの公室担当記者さんのツイートだそうな。

https://twitter.com/shimaykkkt?lang=ja

f:id:e-vis:20161014174925p:plain

スケジュールがびっしり詰まった海外公務先で、頭の変な夫婦が押しかけてこられるなんて、これって失礼を超えてテロだとおもうわ。宮内庁はナゼ止めないのよ。

ベルギー国王夫妻もお疲れだろうに、、、、

12日の夜に押しかけてこられ、13日は一緒にジョギングですか。

ベルギー国王夫妻としては、訪問されたら帰れとも言えないだろうし、、。

公私のケジメガない東宮夫妻にとっては、ベルギー国王夫妻は自分たちの「ともだち」感覚なんだろうな。相手の立場になって考えるという共感性が、根こそぎ欠けている夫婦だし、雅子は夜行性だから夜通し活動しても平気だろうし。

向うは、「ともだち」とは思ってないと思うけど。

 

疫病神・徳仁夫妻

ベルギー王フィリップさんは、ご結婚されてメキメキ洗練され、お子様たちも沢山授かり王として、家族の象徴として貫禄もつき敬愛されてるそうですが、若いころは、欧州で一番退屈な王子と言われた御方らしい。

そのころ、ベルギーと仲の悪い英国で、同じく王位継承者の知能の低さを莫迦にされていたナルちゃんと仲良くなったのもわかる気がするのだけど、、、。

お互いの結婚式には呼び合おうと約束したものの、、、、

 

1 現ベルギー王の結婚式に徳仁夫妻を招待。

妊娠中だった雅子は、ベルギーに行きたいばかりに妊娠を隠して結婚式に参加。

ワインをがぶ飲み、高いヒールの靴を履き、結果は流産。

雅子の自業自得なのだけど、ベルギー王妃は、ショックで数年間お子様をつくれなかったらしいのね。

 

しかも、結婚式の雅子がまた酷い。ロイヤルブルーのドレスで参加。しかもエリザベス女王のマネ。

f:id:e-vis:20161014183119j:plain

ロイヤルブルーは特別な貴色で、欧州の王族も着用するときは英国王室に一言断りを入れるとか。

f:id:e-vis:20161014184635j:plain

それを、下賤な生まれの皇室会議を無視して駆け落ち同然で徳仁親王と結婚したため、プリンセスとは認められていない小和田雅子が、ロイヤルブルーのドレスにしかもエリザベス女王と同じデザインの服装で乗り込んでこられたのよね。

当初はワインレットのドレスの予定が、カーペットと同じ色なので目立たないという理由で、ロイヤルブルーのドレスに変えたとか。

ベルギー側としたら、国を挙げての晴れの結婚式に泥を塗られてようなものよ。

 

2 発情する雅子

 1999年 フィリップ王子に色目を使う雅子

うっふん、クネクネ

f:id:e-vis:20161014185043j:plain

白人が限りなく好きみたいですね。

f:id:e-vis:20161014185524j:plain

※BB様よりお借りしてます

f:id:e-vis:20161015150112j:plain

うっふん、クネクネ

f:id:e-vis:20161015215053j:plain

「、、、、、、、、、」

f:id:e-vis:20161015215058j:plain

f:id:e-vis:20161015150117j:plain

恍惚となる雅子

f:id:e-vis:20161015215205j:plain

f:id:e-vis:20161015150132j:plain

「、、、、、、、、」

f:id:e-vis:20161015215310j:plain

f:id:e-vis:20161015215334j:plain

本当に、サイテーな女。

 

3 衣装ストーカー

連日とりあげてますが、、、

f:id:e-vis:20161012014334j:plain

「あの子バカでしょ、ふふふふふ」一緒にあざ笑うつもりだったのかしら、ミッチ―。

f:id:e-vis:20161012014339j:plain

おもうに、美智子も雅子もナルちゃんも、自分が他人にした無礼なことをしたことを忘れるのだと思う。あの人たちが、先天的に発達障害の一つなのは間違いなさそう。

 

話もどすけど、この朝日新聞記者さんのツイートを疑うわけではないけど、尿パック常備のナルちゃんがジョギングって、設定に無理があるんじゃないのかなー。

ベルギー王と徳仁皇太子のジョギングしている「仲良し」画像。あがるの楽しみにしてるわ。

 

美智子とベネルクス王家の「友情」

先日の晩餐会で、美智子がサッシュしなかったのは、ナルちゃんがサッシュを忘れてきたから外したというレスがあがってたそうですが、どうなんでしょ。

f:id:e-vis:20161013212307p:plain

単純な疑問として、ナルちゃんは莫迦でも儀礼に通じているはずの宮内庁職員が忘れるでしょうか。忘れてたとしたら、東宮御所の職員は終わってますね。

でも、サッシュを忘れたなら、職員にサッシュを取りにゆかせればいいのかなと思うのですが、、、東宮御所まで遠くはないでしょ。

このへんの事情は、情報弱者の民草にはわからないのだけど。

f:id:e-vis:20161013210001j:plain

しかしながら、失礼な話よね。

国王夫妻を招く側の女主人が、ティアラなし、サッシュなしの平民の身なりなのよ。

コメ欄にてシェアしていただいたのだけど、この画像だと、なにげに時計してるのね。この方。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/26/54/10641e6a22ef6017eb3131528824a3b8.jpg

 

ギラギラしたベルトのバックルのグロテスクさもさることながら、腕時計?

f:id:e-vis:20161015220153j:plain

しかも、ティアラなし、サッシュなし。

 

ベルギー国王夫妻が来日されたとき、成田空港にはだれも日本側の要人がお迎えに行った気配はないし。

皇室外交というけれど、平成になって朝鮮族の美智子が宮中を支配していらい、美智子のルーツの北朝鮮のレベルに落ちていくばかりね。

 

こちらは、ルクセンブルク大公夫妻来日時の晩餐会。

ここでも美智子はやらかしてくれているのよね。

f:id:e-vis:20161014181710j:plain

美智子=白いドレス

大公妃・宮妃・内親王=水色のドレス

美智子は、昔から、ものすごい嫌がらせを平気でするのよね。

 

ジョゼフィーヌ大公妃
ベルギー国王レオポルド3世さまの長女さん。弟さんはベルギー王。親戚縁者、先祖、全て王公貴族で埋まっている、真正の王女様。

f:id:e-vis:20150725182137j:plain

父方、母方、ともに大貴族が系図に埋め尽くされている大公妃。

その大公妃を侮辱するって、危険このうえないことがわからないのかな。

でも、皇室の権威が高いので、皇室側に無礼があっても、欧州の王族さんたちはクレームが出せないらしいのネ。

 

何度も思うのだけど、美智子が皇室に乗り込んできて、はたして皇室にとっていいことがあったのかしら。

ないわ。

 

ちなみに、ベルギー王妃の晩餐会でのドレスの色、黄櫨染御袍っぽい金茶ですね。

天皇のみが着用可能な禁色ににているけど、、気のせいよね。ご存知ないのよね。きっと。

f:id:e-vis:20161014195136j:plain

それにしても、ベルギー王妃のお美しいことときたら。

f:id:e-vis:20161013212839j:plain

 

 

なんだ、影子じゃないか

3週間もお休みしているから心配してたら、元気そうでなにより。

出典www.pbh2.com