でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20161205203522g:plain

Sponsored Link

第45代米国大統領決定@いよいよ投票へ

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

本日もお越しいただきありがとうございます。

11月5日

亀井静香氏、

トランプ氏と面会のため訪米へ

f:id:e-vis:20161107164243p:plain

http://www.sankei.com/politics/news/161105/plt1611050013-n1.html

亀井静香衆院議員(無所属)は5日、産経新聞の取材に対し、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏と米・ニューヨークで7日か8日に面会する方向で最終調整していることを明らかにした。亀井氏は6日に訪米する。

 亀井氏側の申し入れに対し、トランプ氏側から面会に応じるとの返答があったという。面会では世界情勢や日米関係などについて意見交換する予定。

 当初、面会に同席する予定だった石原慎太郎東京都知事は体調面を考慮し、同行をとりやめる。

(転載以上)

 

亀井・元金融相が渡米 

「トランプに花札で勝負する」

http://blogos.com/article/196786/

 大物政治家が最後の勝負に出た。喧嘩上手で鳴る亀井静香・元金融担当相がきょう、トランプ候補と会談するために渡米した。

 NY便の搭乗を前に羽田空港国際線ロビー待合室で記者会見した。

 8日、投票となる米大統領選挙は、大方のマスコミ報道に反して、玄人筋は「トランプ、リード」の見方を取る。

 先月、訪米した安倍首相はクリントンとは会ったが、トランプには会わずじまいだった。

 外交・防衛においてこれまでのホワイトハウスとは全く異質の路線をとるトランプが大統領になった場合、パイプのない日本政府が右往左往するのは目に見えている。

 「(トランプは)『安保タダ乗り』など日本を理解していない発言が多い。あるべき状況について私の考えを伝えたい」。老獪な保守政治家が先を読んで動いたとも言える。 

 だが本音はTPPだ。亀井は2005年、小泉首相の唱える郵政民営化に反対し、自民党を追われた。郵政民営化の完成版がTPPだ。

 「あの時(郵政民営化)もアメリカの要求だった。今度(TPP)はもっとアメリカに有利なことをしようとしている」。

「トランプに花札で勝負する。日本の桜で・・・」。

亀井氏がポケットから おもむろに 取り出した札は桜だった。
「トランプに花札で勝負する。日本の桜で・・・」。亀井氏がポケットから おもむろに 取り出した札は桜だった。

 

 亀井は自民党を追われた直後の総選挙(いわゆる郵政選挙)では無所属となったため、死にもの狂いで議席を守った。

 「最初(郵政民営化)から、そう(日本売り)だった」。骨の髄まで「日本売り」への憎しみが染み込んでいる亀井だ。

 「対等な日米関係を目指す」。

出発を前にした亀井は抱負を述べた。鳩山由紀夫首相もそう言ってアメリカと官僚とマスコミに潰された。

 田中は「『対等な日米関係』などと言うと鳩山さんのように潰されませんか?」と聞いた。

 「俺をどうやって潰すんだ? 私は何も恐れない」。亀井は顔色ひとつ変えず答えた。 

 金融担当相時(2009年6月~10年6月)、記者会見で「CIAはいつでも俺を殺しに来い」と豪語していたが、当時と同じ表情だった。

 米金融資本の代理人とも目される竹中平蔵氏の手先だった木村剛日本振興銀行会長が銀行法違反で逮捕される事件があった。2010年夏のことだ。

 亀井が率いる金融庁の査察で不正が明らかになったのである。亀井は当時、記者会見で「(木村逮捕は)私の最後の仕事だ」と執念を露わにした。

 安倍政権下、政治家は米資本の使い走りであるアメポチだらけだ。トランプとの会談は、国益をかけてアメリカと戦う80歳にとって最後の勝負となるのだろうか。(敬称略)

   ~終わり~

 (転載以上)

Sponsored Link

 

亀井氏「CIAはいつでも俺を殺しに来い」

亀井さん。実際に殺された方々を見てきましたからね。

中川昭一さん。この方のお父様の亡くなり方も怪しい。

f:id:e-vis:20161107200150j:plain

小渕さん。脳梗塞と言われているけど、週刊誌に、頭部に血まみれの包帯ぐるぐるまきの首相の姿が掲載されたとか。超・怪ししぎる。お嬢さんは不注意と油断から、社会的に抹殺されましたね。 

f:id:e-vis:20161107200510g:plain

命は取られなかったけど、退任に追い込まれた田中角栄さん。当然のようにお嬢さんは親中派になりました。

f:id:e-vis:20161107200541j:plain

ダヤンさんによると、昭和天皇の次弟宮の秩父宮も、、、、だとか。

中川昭一氏の死【ダヤン氏寄稿】転載不可 - 伏見顕正の政経塾

f:id:e-vis:20161108081821j:plain 

各国の有能な愛国者を殺しまくったらしいCIA。そろそろ改めてほしいわ。

アメリカさまの政治家さんや財界人さんたち、およびCIA職員の皆様にはぜひ 「北風と太陽」の噺を読み、太陽を範としていただきたいな。

きたかぜとたいよう―イソップ童話

f:id:e-vis:20161108082205j:plain

 

話は亀井さんにもどすけど、亀井さん強運の方なのよね。

f:id:e-vis:20161108185202j:plain

メキシコで車ごと崖から落ちても怪我ひとつせず助かったとか、そういう話はいっぱいあるみたい。

亀井さん、故笹川良一さんがそうだったように、弁天宗で枢機をしているらしいですね。弁天だから眷属が白蛇さんなんでしょうか。ご利益ありそう。ほかにもいろんな教祖、開祖と仲良しみたい。

もと警察官僚で、地上での人としての最大の努力と、神威あらたかな天運と、十字に組んで生き残った御方みたいね。

小泉のとき郵政に反対したため自民を追われて、選挙区に刺客として小泉からホリエモンを送り込まれて危なかったけど、選挙に勝ったのよね。

強運で神がかり的な亀井さんが、トランプに会うのね。

亀井さん、話しがめちゃくちゃ面白くて猥談の天才だときいているけど、三度破産してカムバックした経験のあるトランプとは仲良くなれそう。

 

こちらも強引な展開です。

11月8日

FBI「ヒラリーは見逃すわ☆ミ」

f:id:e-vis:20161108192122j:plain

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK07H01_X01C16A1000000/

 【ワシントン=川合智之】8日投開票の米大統領選で、民主党候補ヒラリー・クリントン国務長官(69)の私用メール問題を再捜査していた米連邦捜査局FBI)のコミー長官は6日、クリントン氏の訴追を求めないとした「7月時点の結論は変わっていない」と米議会への書簡で伝えた。最終盤でクリントン氏に追い風となる可能性がある。

 米メディアが一斉に報じた。コミー氏は書簡で、このほど新たに見つかったメールを「FBIの捜査班が24時間体制で点検した」と表明。「クリントン氏が国務長官在任時に受信・送信したすべての通信を精査した」としたうえで、不起訴とした前回7月の決定を維持する方針を明らかにした。

 FBIは7月、クリントン氏の私用メールの扱いについて「極めて不注意だった」としながらも、意図的に違法行為をした「明確な証拠はなかった」として、起訴しない方針を表明していた。

(ここまで)

 

ヒラリーのメール問題。

f:id:e-vis:20161108074904p:plain

日本では、

「公職であった時期に公共のパソコンとアカウントを使って私的なメールを下から問題になった、不注意だったヒラリーさん」

という感じで主点をぼかして報道されているけど、メールの内容が問題なのよね。

テロリストとの戦いを宣言しているアメリカの国務長官が、

 テロリストに通じる団体のつながり金もうけ、

冷戦終了後も、アメリカの仮想敵国はロシア、なのに、

 ロシアのプーチンとビジネスパートナーになって金もうけ、

特権を利用して国を裏切り、資産つくりに励んていたという証拠になる内容が満載なのが問題なのよね。

夫のビルもそうだけど、アメリカのために日本叩きをしたわけではなくて、中韓からお金をもらっていたから日本を叩いてたのがクリントン夫妻。

f:id:e-vis:20161108185714j:plain

おかげでパワーバランスが狂って、もうめちゃくちゃ。

中国と周辺国の軍事衝突、致命的な環境汚染などの原因をつくったのは、クリントン夫妻。汚職が営利手段みたいな夫婦なのね。

f:id:e-vis:20161108180334j:plain

「アメリカの敵とつるんで金もうけ」は、アメリカにたいする裏切り行為と思うのですが。

もともと、リッチになるために弁護士になり、さらにリッチになるために政治家になり、スーパーリッチになるために大統領縫になった二人。

冷静に見ると、この二人、南米型の政治家なのよね。

社会が南米化しているから政治家も南米化するのか、あるいは逆なのか。

 

しかしながら、メール問題よりも問題なのは、今のヒラリーが、ビル・クリントンのツマのヒラリーとは別人だということ。

大統領になろうとしているヒラリーが、影武者である。それ、詐欺でしょ。

ヒラリー3号

f:id:e-vis:20161104182034j:plain

ここをなぜ、FBIやマスコミはつかないのか、とっても不思議。

 

ま、世間にばれて、アホほど拡散しているけど。

(左)911の式典で病院に搬送される前、(右)搬送された後

f:id:e-vis:20161108084355p:plain

選挙はコンピューターによる集計数の場合、インプットする人間さえ巻き込めば、結果はどうにでもなるみたい。

報道を見る限り、結果は「僅差でヒラリー勝利」に決めてるんでしょうけど、汚職、影武者、詐欺、病気、、、、このヒラリーに投票する人、実質どのくらいいるのかしら。

マスコミは僅差でヒラリーリードと発表しているけど、実際は大差でトランプ有利だと思うわ。

 

米国株式市場は大幅反発、

米大統領選への懸念薄らぎ

http://jp.reuters.com/article/ny-stx-us-idJPKBN1322LH

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 米国株式市場は、大幅に反発して取引を終えた。大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン国務長官の私用メール問題の再捜査をめぐり、米連邦捜査局FBI)が訴追しない方針を決めたことで、選挙はクリントン氏が優勢との見方から市場の懸念が薄らぎ、買い注文が優勢となった。

株価の上昇率は、今年3月1日以来の大きな伸びとなった。

 

投資家の不安心理の度合いを示すとされるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数).VIXは、17%低下。英国による欧州連合(EU)離脱決定後の6月28日以来となる、大幅な下落だった。

(略)

コーナーストーン・フィナンシャル・パートナーズの共同創業者、ジェフ・カーボン氏は「市場は確実性や予測可能なことを好むものだ。クリントン氏勝利で株価がさらに5%上がるとは思わないが、トランプ氏が勝てば5─7%下落することは予想できる」と指摘した。

(ここまで)

 

新聞をよむと、どこの論調も

「まさか、トランプが当選するなんて」

「当選したら大変なことに、、、」

という空気ですね。野村証券の方のインタビューでも同じこと言ってたわ。

「トランプ当選を市場はおびえている」

英国のEU離脱前夜もこんな感じだったような気が、、、。

「まさか、EU離脱なんかしないだろう」

「イカサマ集計をしても残留するだろう」

でも大方の予想を裏切りEU離脱した英国さん。

英国さんは欧州の一地方になってまうこと、「グローバル化」を否定したんですよね。先はいばらの道だけど、グレイトなブリテンの選択だと思う。

 

極東の島国から見ると、今度の米国大統領選挙は「1%」対「アメリカ国民」の階級闘争のような構図に見えるわ。

最初からヒラリー一択の選挙だったけど、まさか泡沫候補のトランプ氏がここまで支持を集めるとは思ってなかったみたいね。焦りかたがかわいそうなくらい。

世論のコントロールは簡単で、対立候補インパクトのない人ばかり選んどけば大丈夫、女性はヒラリーに同調するし、ヒラリーに投票するから大丈夫、投票先はヒラリー一択になると舐めきってた感じに見えますね。なので、ニクソンケネディみたいに、どっちに転んでも大丈夫という対立候補を用意してなかったのね。民主党のヒラリーの対立候補候補の方々も、共和党の用意された候補も全然印象にのこらないのよ。

その紙芝居みたいなぺらぺらな選挙を、トランプが旋風をおこして吹き飛ばしたのよね。

 

 運命が勝つか、人事が勝つか

占術は、霊能者の霊言と違って法則通りに計算で出していくので、誰が見ても同じ結果になります。

ヒラリー・クリントン」は屋号化したとはいえ影武者なので、生年月日が違うため完全に鑑定結果にはまりきってないのかもしれませんが、ヒラリーの運勢は伏見氏の鑑定通りになってますね。ちょっと怖いわ。

【米国大統領選を斬る】④選挙期間中のヒラリーの月運 - 伏見顕正の政経塾

「ヒラリーの選挙運動をイメージすると、「高熱を出している肺炎患者が、

点滴を打ちながらホノルルマラソンを完走しようとしている」イメージです。」

f:id:e-vis:20161108182553j:plain

5月 癸巳 正財・・・癸巳の巳と年柱の亥が、冲「ちゅう」を形成します。「凶レベル1」の不吉さです。5月10日の「パナマ文書公開」大丈夫でしょうか?私は、まだまだいろいろ出てくるとみています。

6月 甲午 偏官 羊刃2個・・・暴漢に襲われる恐れが有ります。

★6月までに、実質、各党の公民候補が決まります。勝ち目のなくなった候補が撤退するからです。
果たして、6月まで、ヒラリーの「政治生命」が有るのでしょうか?私は疑問です。

7月 乙未 正官 羊刃・・・また殺気の星、羊刃が来ていますね。羊刃の日に要注意です。7月は民主党全国大会です。正式に党公認の、大統領候補が決まります。 

8月 丙申 偏印―空亡です。

偏印の年の偏印の月、悩んで悩んで悩みぬく最悪の空亡月です。血刃が来るので、怪我や病気に要注意です。

9月 丁酉 印綬―空亡・・・ツケを払わされる厳しい月です。殺気の星、羊刃も来ます。FBIに逮捕される時かな? 

※ヒラリー2号が倒れて、3号へバトンタッチしましたね。(でれでれ草管理人)

10月 戊戌 比肩・・・本選挙の月です。

11月 己亥 劫財・・・疲労でダウンするツキの無い月です。凶星の劫殺も来ます。

※FBIの追訴があるかないかのきわどい所でした。本物のヒラリーだったら、バッチリ法則がはまってアウトだったのではないでしょうか。(でれでれ草管理人)

(ここまで)

・運命が勝って、トランプ大統領誕生か

・魔術と人事を尽くした陰謀が勝って、ヒラリー大統領誕生か

f:id:e-vis:20161108182744j:plain

こんなめちゃくちゃな米国大統領選がリアルに見れるなんて、超ラッキー。

表情もシンクロしているのね

f:id:e-vis:20161108183501j:plain

可愛いと思う。