でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20161205203522g:plain

Sponsored Link

生前退位㉘@国士亀井静香と天皇の憲法違反

天皇「生前退位」

f:id:e-vis:20170118101036g:plainf:id:e-vis:20170118101426g:plainf:id:e-vis:20170118100750g:plain

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

本日もお越しいただきありがとうございます。

生前退位問題

f:id:e-vis:20161111085055j:plain

ヒラリー落選により、美智子&創価の陰謀も敗色が濃くなってきました。

「赤い赤い」ハフィントンポストも、天皇の生前退位が不調におわりそうなことをにおわせています。

天皇陛下の生前退位で有識者ヒアリング、「憲法違反に近い」と反対意見も

憲法違反に近いのではなく、憲法違反ですから。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/07/seizen-taii_n_12852412.html

天皇陛下の生前退位に関して政府が設けた諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が11月7日、憲法や皇室制度の専門家らを招いたヒアリングを始めた。この日は5人が意見を述べたが、退位に対しては5人のうち2人が賛成、2人が反対、1人が慎重とする内容となり、意見が割れた。

この日見解を提出したのは、平川祐弘・東大名誉教授、古川隆久・日大教授、ノンフィクション作家の保阪正康氏、大原康男国学院大名誉教授、所功京都産業大名誉教授の5人。それぞれの意見は以下のようになっていた。

 

反対・慎重の意見

平川祐弘・東大名誉教授

天皇は日本の歴史上の存在。今の陛下は国民統合の象徴としての責務を国事行為だけではなく「旅」にあると表現され、自ら開拓した自負心をのぞかせたことはその通り。それを次の皇位継承者へも引き継がせたいご意向だが、個人的解釈による役割を次の天皇へも課することになる。ご自分で拡大解釈した責務を果たせなくなるといけないから次に引き継ぎたいという個人的なお望みをテレビで発表されたのは異例だ。それを特例法で対応するなら憲法違反に近い。悪しき前例となり皇統が内側から崩れかねない。

また、会議後、記者団に

「(天皇陛下が)ご自分で定義された天皇の役割を果たせないから退位したいというのはおかしい」

と述べた。

※勝手に慰問だの慰霊だの「公務」を作っては増やしたうえに、できなくなったから退位は変ですよね。おまけに、肝心の祭司を代理に丸投げってオカシイですね。

 

 

大原康男国学院大名誉教授
1つの「平成」元号の下で陛下とともに歩むということが国民の一体感が国の安定と調和を保ってきた。「ご存在」の継続そのものが国民統合の要となっている。ご公務だけが象徴を担保するものではない。

「生前退位」制度ではなく、皇室典範の改正で、高齢を退位できる条件に加え摂政を置くことを提案する。

※ほとんどの人が、摂政制度のこと、皇室典範のことをなぜ取り上げないのか不思議。

譲位なんかしなくても、シンプルに摂政を置けばいい話。

 

古川隆久・日大教授
皇位継承の安定性確保のためには避けるべき。しかし、安定性が多少とも損なわれる可能性を承知の上で、国民の意志として天皇の意向である生前退位を認めるのであれば、それを否定すべき理由はない。ただし、その場合は、有識者会議が国民に必要な情報提供を行った上での世論の動向が判断の根拠となるべき。

認める場合、典範改正により恒久制度化すべき。

※だから、憲法違反なのヨ。摂政置けばいいでしょ。

 

賛成の意見

ノンフィクション作家の保阪正康
現在の憲法と一体化、あるいはその精神とつながる形の皇室典範(あるいは皇室法)が望ましい。今なら新しい視点で改正できるはずである。特例法によって「生前退位」を認めるにしても、それは現在の皇室典範の改正を前提としての法律でなければならない。

記者団に

「陛下がお気持ちを述べているので、私たちの時代で新しい皇室典範をつくる(べきだ)」

と主張した。

憲法皇室典範の専門家ではなく、作家のこの人が有識者会議に呼ばれるのかが、管理人には意味不明。

 

所功京都産業大名誉教授
高齢化のみを理由に決心された「高齢譲位」の問題提起を真摯に受けとめる。

その御意向に沿った現実的な法整備のため、単行の特別法を迅速に制定して(もし時間的に可能ならば皇室典範の第4条などを改正して)、その実現に必要な関連事項の検討も早急に進めて頂きたい。

※高齢者を大事にしよう的な進めかたされてもねー。摂政おいて、高齢になった天皇の公務を減らすでいいでしょうに。なぜ、摂政という制度があることを無視するのよ。

 

有識者会議の進め方

ヒアリングでは、

(1)天皇の役割

(2)天皇の公務

(3)公務負担軽減の方法

(4)摂政の設置

(5)国事行為の委任

(6)退位の是非

(7)退位の制度化

(8)退位後の地位や活動について、という8項目に対しての意見を求めていた。

会議は座長を今井敬経団連名誉会長が務め、座長代理に御厨貴東京大名誉教授が選任されている。初回となった7日に続いて計3回のヒアリングの実施が予定され、会議のメンバーとの意見交換を経て2016年末~年明けに論点を整理して公表、その後、政府は2017年の通常国会での関連法案の提出を目指している。

(以上)

Sponsored Link

 

 

週刊朝日

生前退位を認めてはいけない 

亀井静香が警告

f:id:e-vis:20161108185202j:plain

http://astand.asahi.com/webshinsho/asahipub/weeklyasahi/product/2016110700002.html

 官邸で安倍晋三首相と一対一で面会した亀井静香衆院議員は2016年9月16日、ある「助言」をしたという。
 「私は『サボタージュをしろ』と、晋三に言ったんだ。ただ、陛下が生前退位についてお気持ちをおっしゃった以上は、放っておくわけにはいかない。有識者会議をつくって検討はする。そういうレールで行くが、結論は出してはダメだと。国会に出されたって審議未了、審議未了だよ。でないと国が滅びるよ。

晋三は宮内庁のことを気にしていたけど、『宮内庁もあんたの部下じゃないか』と諭したんだ。宮内庁長官と次長にも別の日に会って、『早く、早く(結論を出せ)なんて、官邸にプレッシャーをかけるなよ』と釘を刺してきたよ」(亀井氏)


 清和会時代に派閥の長である安倍晋太郎氏に仕えたことから、息子の安倍首相のことを「弟のようにかわいがっている」という亀井氏。

警察官僚出身の亀井氏の持論では、

天皇の仕事は「国事行為」と「宮中祭祀」の二つだけで、各地への巡幸や被災地の慰問などの公務は現代になって加えられたものにすぎないという。亀井氏は、こうした公務の軽減こそがあるべき道だと、安倍首相に懇々と説いたという。

http://astand.asahi.com/webshinsho/asahipub/weeklyasahi/product/2016110700002.htm 

亀井ちゃんは国士♡

f:id:e-vis:20161108185202j:plain

 

11月02日
2日夜三笠宮さまの通夜。
三笠宮邸を弔問された天皇、皇后両陛下=2日午後、東京・元赤坂(代表撮影)

f:id:e-vis:20161111165803j:plain

通夜は3日も営まれ、4日は豊島岡墓地で本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」が執り行われる。

11月03日

皇居で文化勲章親授式 ノーベル賞大隅さんら

f:id:e-vis:20161111165845j:plain

 夜は美術鑑賞

両陛下が「シーボルトの日本博物館」鑑賞 東京・両国

f:id:e-vis:20161111170038j:plain

2016年11月04日

三笠宮さま 「斂葬の儀」(れんそうのぎ)
4日午前から豊島岡墓地で行われた。

f:id:e-vis:20161111170118j:plain

両陛下、スー・チー氏と会見

f:id:e-vis:20161111170143j:plain

両陛下はミャンマーアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と会見された。

一方では、フィリピン大統領との会談は三笠宮さまが亡くなられたため中止

文化勲章受章者らと茶会

f:id:e-vis:20161111170214j:plain

 

亀井氏

天皇の仕事は「国事行為」と「宮中祭祀」の二つだけで、各地への巡幸や被災地の慰問などの公務は現代になって加えられたものにすぎないという。亀井氏は、こうした公務の軽減こそがあるべき道だと、安倍首相に懇々と説いたという。」

f:id:e-vis:20161111170038j:plain

両陛下が「シーボルトの日本博物館」鑑賞 東京・両国

これは、天皇の仕事とは言わないでしょ。しかも、この日に何で鑑賞?

伯父の葬儀の日の喪中に、天皇がどうしても足をはこばなければならない理由があるんでしょうか。

両陛下、スー・チー氏と会見

f:id:e-vis:20161111170143j:plain

スーチーさんとは会うけど、フィリピン大統領とは会わない理由って何。

スーチーさんが、今だに慰安婦とかいう捏造語をつかう美智子の左翼同志であること、フィリピンで一般人扱いされて憤慨していた美智子の意向が反映されているとしか考えられないんだけど。

政治介入、憲法違反、、、、天皇にあるまじきおふるまいばかりなさる今上陛下。

 

そもそも、陛下はお元気でじゃないですか。春にはベトナムにもいくんでしょ。

譲位したらしたで宮殿で静かに養生するとも思えません。莫大な公費と人員を警護に使い、ご鑑賞三昧、ご静養ざんまい、旅行三昧。韓国とか勝手に謝罪にいきそうなので危険ですね。

昭和天皇がご危篤で国中が音曲を控えている時期でも、テニスを楽しんだ明仁夫妻と徳仁さん。軽井沢で笑いながら踊っていた美智子さん。

伯父が死んでも、鬼怒川が氾濫しても、地方で災害が生じても、お楽しみは外さない今上陛下とその妻。

そもそも、憲法違反までして天皇が譲位する理由があるとは思えませんが。

大正天皇のときのように、皇太子を摂政に置けばいい話。

憲法9条を守れという前に、ご自身が天皇は政治に不介入と明記している日本国憲法と、摂政制度を明記している皇室典範を守るべきでしょ。

 

「安定の」週刊朝日

朝日らしい記事も掲載してますね。

http://astand.asahi.com/webshinsho/asahipub/weeklyasahi/product/2016110700002.html

亀井静香が面会/官邸で安倍首相と
◇「18年大嘗祭」に宮内庁も困惑…
◇独立王国宮内庁 安倍官邸がメス
◇「生前退位」は天皇制の終わりの始まり
美智子さまの「アシスト力」に学ぶ

(ここまで)

 

美智子さまの「アシスト力」に学ぶ

f:id:e-vis:20161111112708j:plain

美智子さまの「アシスト力」に学ぶ

f:id:e-vis:20161111112719j:plain

美智子さまの「アシスト力」に学ぶ

f:id:e-vis:20161111112430j:plain

美智子さまの「アシスト力」に学ぶ

天皇陛下「全て、あちら(美智子)のいいように」

f:id:e-vis:20161106070743j:plain

美智子さまの「アシスト力」に学ぶ

天皇陛下「あちら(美智子)はどういってるの?」

f:id:e-vis:20161106070935j:plain

美智子さまの「アシスト力」に学ぶ

天皇「皇后は秋篠宮家に親王が生まれたことを心から喜んでいますが、皇太子の系統に好意を継がせたいと考えているのですよ」(悠仁さまご誕生後)

f:id:e-vis:20161111171902g:plain

「片方の靴は棺に入れてあげるわ」ですか美智子様

コメント欄にご指摘がありましたが、天皇陛下にとって、皇室のとって、日本にとって、初めての皇位継承を持つ親王が生まれたのに、お見舞いする陛下のネクタイが喪服のように黒いのはナゼ??

「すべて、あちら(美智子)のいいように」

「あちら(美智子)はなんて言っているの?」

美智子様のアシスト力でしょうか。

 

美智子さまの「アシスト力」に学ぶ

まーだ、こんなこと書かせるのねー。

「生前退位」の実行犯は美智子のくせに、「息をのむ驚きだった」とか週刊誌に書かせてもなー。いつもこうね。この人。

愛子さんが今、同じことやってるけど、うまく行くかしら。

愛子さんの影武者の拡散もサクサク進んでるのヨ。

中国語のサイトに管理人が作った比較画像を使ってたの見たわ。

仮病を使てB層の同情をあつめてほとぼりが冷めるのを待つのよね。なんでもかんでも、天皇のせいにして逃げ切ろうって魂胆は相変わらず穢いわ。

 

でも、無駄よ。

ご成婚した正田美智子とは別人の影武者であることも、複数いることも、家系を捏造した部落の子孫であることも、母親が朝鮮系であることも、母の代から工作員であることも、正田家がが実は武家ではなく部落の家系であることも、母の旧姓副島富美が、母親不詳の身の上で、かつ、堤康次郎と愛人関係にあったことも、佐賀の武家の副島家の戸籍をかおうとしたということも、アホほど拡散が進んでいるから。

海外からも一般人あつかいされてるでしょー。

格下の国フィリピンですら「皇后」扱いされてないじゃなーい。

先日のベルギー王来日のおりの晩餐会も酷かったわねー。ティアラもサッシュもない一般人の装いで晩さん会。悲惨だわね。

正田美智子に化けて御所に住み着いている正体不明の老婆たち。

正体が、ばれてんのヨ。

f:id:e-vis:20161106064801g:plain

 

戦後最大の皇室の真実

正体不明、身元不明の朝鮮系・西武グループ創立者の堤康次郎落胤と思われる複数の女どもが「正田美智子」に化けて御所に住み着き、皇室特権と皇室の権威を武器に皇室を私物化し朝鮮化。さらにはティアラなどの皇室財産を横領した上に、莫大な公費をわがものにして皇室、日本破壊工作をしているということ。皇統簒奪をたくらんでいること。

※詳細はこちらから

美智子さまの正体

美智子様の影武者

 

つづきます。

 

たっち

f:id:e-vis:20161111075632j:plainf:id:e-vis:20161111075614j:plain

 

f:id:e-vis:20170118101036g:plainf:id:e-vis:20170118101426g:plainf:id:e-vis:20170118100750g:plain

f:id:e-vis:20160827061600g:plain