でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20161205203522g:plain

Sponsored Link

トランプ大統領@クーデター前夜?①トランプ大統領暗殺の危機

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

本日もお越しいただきありがとうございます。

次期大統領にトランプ氏が決まり数日がたちました。

ヒラリー対トランプ

f:id:e-vis:20161113140053j:plain

アメリカの嫌われ者と厄介者の戦いだったといわれていますが、管理人は、以前、某学校の修学旅行先を決めたアンケートを思い出します。

・学校側としては、どうしても修学旅行先は韓国ときめたい。

・保護者や生徒からは、修学旅行先は韓国は嫌だ国内にしてほしいと反対の声が

・学校側は、修学旅行先は生徒のアンケート結果で決定することに。

・何としても韓国に行かせたい学校側のアンケート。

「修学旅行の行き先はどちらがいいですか」

 1 韓国

 2 群馬

 学校が提示した選択は2つだけ。

・圧倒的多数の生徒さんが、群馬を選んだ。

f:id:e-vis:20161113140427p:plain

絶対にヒラリーを当選させたいヒラリー一択の選挙。

・ヒラリー

・大勢のショボイ男性候補者。

でも大勢のショボイ男性候補者の中の、とくにこいつは選ばれないだろうと思われていた泡沫候補・トランプさんをアメリカ国民は選択。

第45代米国大統領はトランプ氏に決定。

 f:id:e-vis:20161113114221j:plain

さて、トランプさんと会談の為に渡米した国士亀井ちゃんは、トランプさんとは、対面がかなわなかったみたいですね。残念。

f:id:e-vis:20161108185202j:plain

しかしながら、アメリカでは、ヒラリー側の未練たらしいデモなんかがあったりして、きな臭くなってきました。

f:id:e-vis:20161110201915p:plain

仮にトランプさんが暗殺、急病にみせかけた暗殺、事故にみせかけた暗殺に倒れても、ヒラリーが大統領になることは普通はできません。

そのような事態になった場合は、副大統領荷なる予定のペンスさんが大統領として宣誓し大統領になる決まりです。

しかしながら、ヒラリー側はアメリカをあきらめてないのかも。

 

モサドのトモダチ、片目のダヤンさんです。

※転載させていただいてます。画像は勝手に管理人が貼ってます。

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/c85a2abaef01d5411f3bcb4df9f71de9

伏見様及び読者の皆様:

f:id:e-vis:20161113092249g:plain

片目のダヤンです。

昨日のオバマとトランプの会談。

f:id:e-vis:20161113092159j:plain

案の定、トランプのネクタイは長くて「赤い」ネクタイでしたね。

f:id:e-vis:20161113092346j:plain

これは自己の新たな権力を象徴するタイ。

対峙するオバマは、自己の潜在力を示す「黄色い」ネクタイと思ったけれど。通称、パワータイ。

しかし、水色と青・白が入り混じったやや渋めのネクタイ。

f:id:e-vis:20161113092404j:plain

これって、私の記憶では葬儀ではなく、今まで敬意を表した方の命日に付けるネクタイ。だから、最大限の皮肉を彼に表明したかも?

「オマエは長く生きられない」と。f:id:e-vis:20161113092457j:plain

トランプは把握したのかしら?

f:id:e-vis:20161113094601j:plain

 

Sponsored Link

 

それで、一部のアメリカのメディアが絶賛していたヒラリーのスピーチ原稿を精読しました。

ヒラリーの復活の意志を明示するスピーチ

f:id:e-vis:20161113092541j:plain

私の率直の感想:
オバマより、優秀なスピーチライターが側近にいる
② 敗北宣言よりも新たな決意表明に思える
③ 下部・下層運動員への極秘戦闘命令にも解釈できる。

特に、新約聖書の引用は、「死神*になれ!」(Be the Grim Reaper in a lot sooner)の恐怖。
*通常、骸骨が経帷子を着て、手に大カマ(scythe)を持った姿で登場する輩。

f:id:e-vis:20161113134843p:plain

そんな訳で、戦闘員(主に、学生や左翼運動家)による全米主要都市で次期大統領の「倒閣運動」や「大統領阻止運動」が連鎖するなら、最高の皮肉効果。

これは、都市部から郊外・農村部へ拡大する勢い。

何処となく、昔の毛沢東の革命運動に酷似している。

f:id:e-vis:20161113092657j:plain

f:id:e-vis:20161113093218g:plain

それより、私が注目したことは、このスピーチ原稿を隠遁する富豪たちが読んだら、「何を企んで?」「何をするか?」と「何を実現させるか?」に尽きると、思う。彼らは容易に諜報機関や警察機構へ手を回すことができるから。

f:id:e-vis:20161110083408g:plain
ロックフェラー家とモルガン家が手を結んだら正に、鬼に金棒。

JFK暗殺前夜を想起させる。

f:id:e-vis:20161113093604j:plain

私が想像する最悪のシナリオは、その下部・下層運動員たちをより洗脳化・戦闘化させ、殺傷能力のある武器を所有させて次期大統領のドナルド・トランプと次期副大統領のマイク・ペンスを同日・同時刻・異なる場所で殺害すること。
これは簡単に処理が可能。

f:id:e-vis:20161113093750j:plain

f:id:e-vis:20161110201915p:plain

その後、略式手続の上院・下院議会承認を経て、ヒラリー・クリントン大統領とティム・ケーン副大統領が誕生するのも可能性ゼロとは、言えない。

両議院とも共和党が過半数を占めていても、否決されることなく可決されるハズ。

何しろ、前例がないから。

隠遁する富豪にとって、トランプが大統領に任命されると、都合が悪いこと。「アメリカ・ファースト」の彼の哲学の共鳴することではなく、陸・海・空の軍隊が事実上、必然的に縮小され、軍需産業及び関連産業の発展がこれ以上見込まれないことだと、私は認識している。

 

オバマ政権以上にアメリカが世界各地で戦争をしなくなると、彼らのパイは小さくなるばかり。戦争経済の継続こそが彼らの権力の源泉だから。

そして、ビジネスマン出身のトランプは、戦争よりも貿易と金融に力点を置くハズ。私のカンでは、トランプはIS(イスラム国)への攻撃も参入しなし、大統領秘書官が随時、携帯するスーツケースに入った拡弾頭ミサイルの発射ボタンも決して、押さない。

そうすると、一番にそのミサイル発射ボタンを押す輩は誰か?

私の認識では、トランプが討論会で揶揄した「本当に嫌なオンナ」(such a nasty woman)のヒラリーしかいない。

f:id:e-vis:20161113092541j:plain

このオバサンなら、躊躇することなく、平然とした顔で押す。

何しろ、ダブルだから。

f:id:e-vis:20161113095931j:plain

だから、隠遁する富豪はこのオンナをあらゆる手段を用いて、大統領にする選択肢も未だ持っていると、私は思う。
その時こそがジョン・マークス・テンプルトンが喝破した「悲観主義が頂点に達した時」(points of maximum pessimism)かもしれない。

恐らく、実施されるなら年内の「あの日」。
その時、マスコミの特派員は何を伝えるのかしら?

ヒラリーがスピーチで引用した「新約聖書」を。

私は「嫌な女」よりも「怖い女」と認識したい。
Scripture tells us: Let us not grow weary in doing good, for in due season, we shall reap, if we do not lose heart.


最後に、トランプが次期財務長官にJPモルガンチェースのジェイミー・ダイモンを推していること。

f:id:e-vis:20161113095327j:plain

これって、非常に示唆に富んでいますネ。

仮に、彼が受ければその流れで、来年以降FRB議長のジャネット・イエレンが解任される可能性が高まるし。

f:id:e-vis:20161113095410j:plain

兎に角、来年の為替・株式相場は、乱高下と急上昇の「ジグザク相場」一色に成りそうな気配。
だから、終わってしまう方と退場する方が急速に増加するかも。注意しないと。
では、片目のダヤン

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/c85a2abaef01d5411f3bcb4df9f71de9

(転載ここまで)

f:id:e-vis:20161113095432g:plain

転載させていただきました。ありがとうございました。

 

実現したら暴力革命ですね。

今の様子だと、やりかねないところがまた、、。

画像が重いので別けます。続きます。

 

ケネディ大統領の執務室

JFK、キャロライン駐日大使、JFKジュニア、

f:id:e-vis:20161113135745j:plain