でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20161205203522g:plain

Sponsored Link

生前退位㉙@影子・作戦変更か(前)

天皇「生前退位」

f:id:e-vis:20170118101036g:plainf:id:e-vis:20170118101426g:plainf:id:e-vis:20170118100750g:plain

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

本日もお越しいただきありがとうございます。 

NHK

生前退位、再び賛否割れる 

専門家ヒアリング2回目

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS14H77_U6A111C1PP8000/

f:id:e-vis:20161116125907p:plain

 政府は14日、天皇陛下生前退位を巡る有識者会議(座長・今井敬経団連名誉会長)の第4回会合を開いた。専門家への2回目の意見聴取を実施し、学者やジャーナリストら6人から退位の是非や法整備のあり方などについて見解を求めた。4人が退位に慎重な姿勢を示す一方、2人は容認するなど、7日に実施した初回と同様、賛否両方の意見が出た。

 上智大名誉教授の渡部昇一氏は

f:id:e-vis:20161116130031j:plain

天皇の仕事の第一は国民のために祈ることだ。本当は国民の目に触れなくても、任務を怠ったことにはならない」

と指摘し、退位を明確に否定した。天皇の公務の負担軽減策は摂政で対応すれば「何の心配もない」と述べた。

(略)

ヒアリング対象者の主な意見
渡部昇一氏(上智大名誉教授)
天皇の仕事は本質的に、宮中で国民のためにお祈りすること。皇太子さまが摂政になれば何も心配ない

f:id:e-vis:20161116130112j:plain


岩井克己氏(ジャーナリスト)
終身在位は残酷な制度で、譲位(退位)を認めるべきだ。特例法ではなく皇室典範改正で対応を

f:id:e-vis:20161116141252j:plain


笠原英彦氏(慶大教授)
天皇の退位には慎重であるべきだ。摂政や国事行為の臨時代行で対応を

f:id:e-vis:20161116130350j:plain


桜井よしこ氏(ジャーナリスト)
ご高齢の陛下への配慮は当然だが、国家の在り方の問題は別だ。譲位ではなく摂政を置くべきだ

f:id:e-vis:20161116130421j:plain


石原信雄氏(元官房副長官
退位を認め、皇室典範の特例法で対応することが適当だ。退位の判断には皇室会議の活用を

f:id:e-vis:20161116130526j:plain


今谷明氏(帝京大特任教授)
国事行為の臨時代行が最も適した対応だ。退位には国論の不一致や権威の分裂などの問題があり困難だ

f:id:e-vis:20161116130745j:plain

(注)専門家が会議に提出した資料や取材に基づき作成。名前は聴取順

 日本中世史に詳しい帝京大特任教授の今谷明氏も

天皇は存在自体が貴重だ」と述べ、退位に否定的な見解を示した。

国事行為の委任が最適の対応だとし、摂政の設置も「必ずしも必要ない」と否定した。退位の法整備の議論は「与野党が一致するまで見送るのが相当だ」と指摘した。

 

退位に否定的な4氏に対し、ジャーナリストの岩井克己氏と元官房副長官の石原信雄氏は退位容認の立場を鮮明にした。

朝日新聞で30年間皇室の取材を続けている岩井氏は、昭和天皇が死去した時の経験から「天皇の終身在位は残酷な制度だ」と主張。石原氏も「高齢となった場合には退位を認めるべきだ」と述べた。

ただ容認派の2氏でも、退位を実現する法整備を巡っては見解が分かれた。

石原氏は、政府が軸に検討する皇室典範の特例法での対応が適当だとの見解で、年齢など退位の主要要件は法律で規定し、ほかは皇室会議を活用すべきだと訴えた。

 一方、岩井氏は特例法での対応を「一時の『抜け道』をつくる安易な対処との印象を与えかねない」と批判。

高齢を理由とした退位に論点を絞れば皇室典範の改正も「さほど難事とは思えない」と主張した。特例法で対応した後に皇室典範の本格改正に踏み切る「2段階論」は「過去の経験からみて、当面の対処が済めば機運がしぼんで先送りとなる恐れがある」との考えを示した。

 5人を対象とした7日の意見聴取では、条件付きを含めて退位に容認が3人、2人が反対した。聴取は30日にも実施予定で、元最高裁判事の園部逸夫氏ら5人を招く。計16人の聴取内容は、年明けにも公表する論点整理に反映させる。

(ここまで)

Sponsored Link

 

岩井「朝日新聞で30年間皇室の取材を続けている岩井氏は、昭和天皇が死去した時の経験から「天皇の終身在位は残酷な制度だ」と主張。」

元朝日新聞記者。

f:id:e-vis:20161116131904j:plain

画像:http://www.sankei.com/politics/photos/161114/plt1611140020-p1.html

なんだ、ただのアカか、、、。

天皇の終身在位は残酷な制度だ」→「天皇制度は残酷な制度だ」→「廃止でいいじゃないか」

段階的に解体しようとしているのね。ミエミエよ。

なんでこんな人を有識者会議に呼ぶのよって、バランスの問題でしょうか。

 

「ご高齢のためご公務が難しくなり生前退位=譲位が必要な」陛下の最近のご活動

三笠宮さまお亡くなりになる。喪中の為園遊会中止。

・フィリピン大統領の会談を、喪中を理由にキャンセル

・スーチー女史と会談

・ドイツ大統領夫妻と会談

三笠宮の通夜だろうお出かけ鑑賞にはバリバリ足を運ぶ。

11/10(金) 

両陛下 “左手のピアニスト”の傘寿祝う

f:id:e-vis:20161116162518j:plain

11/11(金) 

両陛下、明治天皇の生涯描いた特別展を鑑賞

f:id:e-vis:20161116162304j:plain

 

11/15(火) 

日本とポーランド共同制作の能を鑑賞

f:id:e-vis:20161116161531j:plain

・美智子は韓国や中国、左翼系、カトリックが噛んだイベントには絶対に行く。単独でも行く。

 

・気に入っている元首や要人とは会うが、美智子が嫌っている国や元首とは会見しない。

ドゥテルテ大統領天皇陛下の会見取りやめ
宮内庁園遊会も中止
2016/10/27 13:26

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H76_X21C16A0000000/

 三笠宮さまの逝去を受け、宮内庁は27日、11月1日に予定されていた天皇、皇后両陛下主催の園遊会を中止すると発表した。また、27日午後の予定だったフィリピンのドゥテルテ大統領天皇陛下の会見も取りやめる方針。

 園遊会は春と秋の年2回、各界の功労者や著名人などを招いて催されており、過去には昭和天皇が死去した1989年や東日本大震災が発生した2011年などに中止されたことがある。

(以上)

11月4日

アナウンサン・スーチーさんと会見

f:id:e-vis:20161116161717j:plain

11月7日 

カザフスタン大統領と会見

f:id:e-vis:20161116162737j:plain

11月15日 

ドイツ大統領夫妻と会見

f:id:e-vis:20161116170832j:plain

お元気じゃないですか。陛下。

祭祀と公務メンドクサイ、譲位して遊び倒して暮らしたいという風に聞こえます。

 

明仁陛下ご夫妻と徳仁さんは、昭和の頃からお楽しみを優先させていましたね。

国中が音曲を慎んでいた昭和天皇ご危篤の時も、テニスでお楽しみだった明仁皇太子夫妻と徳仁さん。

 

つまるところ、何をするかは皇族自身がきめたいのね。

平成の皇室の問題はねー。

天皇夫妻、東宮夫妻、高円宮家の方々、三笠宮家の方々(信子妃殿下は除く)による、皇族方による皇室の私物化、朝鮮化なのよねー。

公的意識の欠落した、寄生し搾取するだけの人たち。

それ、後進国の支配層、朝鮮の両班だから、日本の皇室の姿でもないし皇族じゃないから。

自己都合で生前譲位、それは、自分ら皇族やめるわ、皇室やめるわ、ということでもあるんですけどね。

 

 

画像が重いので別けます

つづきます。

 

ママは顎もふかふか

f:id:e-vis:20161116174712j:plain

f:id:e-vis:20161116174736j:plain

 

f:id:e-vis:20170118101036g:plainf:id:e-vis:20170118101426g:plainf:id:e-vis:20170118100750g:plain

f:id:e-vis:20160827061600g:plain