でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20161205203522g:plain

f:id:e-vis:20170521122058p:plain

f:id:e-vis:20170525092906g:plain

Sponsored Link

皇室の私物化@勘違い女王(後)

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

続きです。

【女性自身】電話一本で就職決定の三笠宮彬子さま「激安給料で市バス通勤」

http://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/16926

女性宮家創設』論議にあたり、未婚の女性皇族8人がいま、クローズアップされている。歴代天皇の子供と孫を”内親王”、それより遠い関係の方を”女王”と呼ぶ。宮家当主の範囲を内親王までにするのか、それとも女王までにするのかは、現在も検討中だ。

”女王”の称号を持つ三笠宮寛仁親王の長女・彬子さま(30)は、今年4月から立命館大学の特別招聘准教授に就任されると同時に、慈照寺銀閣寺)研修道場の美術研究員として働き始められた。

 

お仕事は室町時代中期の文化『東山文化』の研究と研修道場の講師。実はこの仕事、彬子さまがご自身で”就職活動”されて決まったものだというのだ。天皇陛下のご学友で三笠宮寛仁さまや信子さまとも長年の交流がある、臨済宗相国寺派管長で金閣寺銀閣寺などの住職も務める有馬頼底さんはこう語る。

「彬子さまから私のところにお電話があり、『銀閣寺研修道場で働きたいのですが……』と。私は『特別の給料は出せへんで』と申し上げたのですが、『それで結構です』とおっしゃっていただきました」

 

その生活ぶりは至って質素なものだという彬子さま。銀閣寺には、なんと市バスで通勤されているそうだ。

「信子さまは、お嬢さん方に”贅沢をさせない”と言う教育方針で、『タクシーには絶対乗ってはいけません』と常々おっしゃっていました。また、銀閣寺のスタッフからは『彬子さんのほうから溶け込んでくださるので、(職場は)とてもいい雰囲気です』と聞いていますよ」(有馬さん)

 

ちなみに、京都の大学関係者によれば「美術研究員で、勤務1年目ということであれば、給与は20万円台の前半ぐらいではないでしょうか」とのこと。オックスフォード大学の博士号をお持ちの彬子さまの経歴からすれば、”激安”な給料といえるのではないだろうか。

(以上)

 

「宮家当主の範囲を内親王までにするのか、それとも女王までにするのかは、現在も検討中だ。」

宮家の当主は、親王親王亡きあとは親王妃親王親王妃がいなくなれば廃宮になるだけです。これは国民に負担をかけないために決められたことです。女系天皇女性宮家の検討なんか、悠仁さまのご誕生後に終了しましたよ。

マスコミの印象操作で何でもかんでも通ると思ってんのか!!いいかげんにシロ!!

 

北斎寅彦氏の語るヤフオク事件の背景】世界に繋がるヤフオク事件の驚愕の正体、転載フリー

f:id:e-vis:20161105184029g:plain

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/2402e2892e9eebb7cddbdcf8f9a12891

④ 皇室専門のブログでは、【東宮徳仁の奇怪な行動】の写真が掲載されている。「週に一回、定期的に大きなカバンを持って京都御所に通うのだ」、過去のヤフオク事件もあり、御所の財宝を物色していると思われても、仕方がないであろう。


⑤ 【危険な京都皇族人脈】京都には危険な現皇族と元皇族がいる。一人は、実の母の追放を画策した、三笠宮彬子女王

 

もう一人は、彬子女王の叔母で茶道裏千家16代家元、千宗室夫人の千容子(まさこ)です。

彬子女王は、物心両面(実家麻生家の援助)で髭の殿下を支えた、実母、信子妃殿下を追放クーデターをやった、人倫にもとる人。おまけに「女性宮家論者」、加えて直近では高円宮家と組み「佳子様バッシング」もやっている【反秋篠宮一派】

 

この人は日本美術史の専門でオックスフォードの博士号を取った。

その博士論文が「海外に流出した日本美術品の調査」(笑)

★まさにヤフオク事件を臭わせる。ヤフオクで海外に流出した皇室美術品の鑑定、値決めもできるプロである。これから、密売する、御所の財宝の目利きもできるであろう。私は、このひとも、東宮夫婦と池田礼子の不可解な行動に一目噛んでいると思う。

(以上)

 

Sponsored Link

 

 

 

彬子さんには関係ないかもしれないけど、天皇皇后とはちがい、女王には逮捕権があるのよね。仮に何かに噛んでたとしても、菊のカーテンに守られているから、クーデターを企画しながら何も罪に問われなかった赤い長老のように、実際は逮捕はないかもしれないけど。

やはり、降嫁先がないんでしょうか。

なにぶん、おそろしい先例がありますからね。

三笠宮容子内親王

f:id:e-vis:20161123220104j:plain

千家に嫁して、千容子さん。

f:id:e-vis:20161123220114j:plain

三笠宮容子内親王殿下、パリにご留学あそばす

・容子殿下、当地での風紀乱れる御暮らしぶりに、母宮妃殿下の懊悩は激しく、妃殿下御自ら巴里へお成りになり、内親王を無理やり連れて帰るも、あとから、ジゴロがおいかけてきたというおはなし。

・一方京都では、、、千家にマルサが入った。千家ピンチ。

三笠宮家の容子内親王が降嫁することで、マルサの追及を免れる。

・そして、千家の地獄が始まる。

・容子夫人、毎週500万円を千家からもちだし東京へ里帰り。

・容子夫人、姑さんをいびり殺す。そのほかもろもろ。

結局、マルサに詫びを入れて税金払った方がよかったという、京都の怪談。

 

こういう先例がありますのでね、、

容子夫人にとって彬子さんは血の近い姪だし、実際親しくしている間柄らしいし、ご気性も価値観も似ていらっしゃるご様子。

信子妃殿下に対する反逆をそそのかしているのは容子夫人という話もあるし。

昔、学生運動をしてた学生は、当然のことながら企業は雇わなかったのよね。会社に入って労働運動されては迷惑だもの。

「公務に励んだのは私たち」

って、、、、、信子さま雅子みたいに、さぼってたのではないのよ、本物のご病気だったのよ。

信子さまの御実家の麻生家からの援助を姉妹でがめておきながら、月10万しかわたさず、麻生副総理を呼び出して、

「母を引き取ってください」

とか、よく言うわー。

実母にたいしてこれほど酷いことができる彬子さんは、姑にも夫の家族にも冷酷でしょうね。

無駄に悪智慧が働き計算高い上に、ご気性も冷酷となると、お嫁にこられたら家をのっとら取るかもしれない。そんな地雷のような嫁を、大正天皇の曾孫という血を尊んで迎える家ってあるのかしら。

千家と同じ轍を踏む根性のある、彬子が納得するような家柄の名家ってあるのかしら。

 あるのなら、さっさともらい受けていただきたいわ。

 

以上

 

荒ぶる鷹のポーズ

f:id:e-vis:20161123223344p:plain

f:id:e-vis:20161123223355j:plain