でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20170608115029g:plain

f:id:e-vis:20170527114136g:plain f:id:e-vis:20170527114752g:plain f:id:e-vis:20170613072942g:plain

(改)新嘗祭@どうしたんだろう(前)

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

本日もお越しいただきありがとうございます。 

旧約聖書に、カインとアベルの逸話がありますね。いろいろと解釈がありますが、、、。

f:id:e-vis:20161126065444j:plain

アダムとイブの人類最初の夫婦との間に生まれたカインとアベルの兄弟。

羊の放牧をやってたアベル

アベルは肥えた羊の初子を神にささげた。

一番立派な家畜を神に真心こめてささげたアベル

農耕民やってたカイン。

カインも供物をささげたけど、神はカインの供物を無視した。

人類はじめての犯罪、兄弟殺しの悲劇が起こるのだけど、これ、牧畜がよくて農耕がだめというのではなく捧げる側の気持ちなのよね。

カインは、神にささげる供物を適当にしたか感謝の心がなかったんだと思いますね。

 兄弟の普段の行い、心映えも考慮しての対応だったと思います。

 

23日に、新嘗祭があったそうな。

純農耕民族の祭祀王の天皇にとって一番大事な神事です。

f:id:e-vis:20161125112842p:plain

天皇陛下、皇太子殿下は、純農耕民族である日本民族の祭祀王の天皇にとって、一番たいせつな神事である新嘗祭に御欠席されたのでしょうか。

私的旅行でお疲れだったので欠席されたのでしょうか。

それとも、赤い長老の喪の関係でしょうか。

よくわかりませんが、、、秋篠宮様のみ参加という書き方ですね。

 

追記 宮内庁HP 更新されましたね

平成28年11月23日(水)
天皇陛下 新嘗祭神嘉殿の儀(夕の儀)(神嘉殿)
皇后陛下 新嘗祭神嘉殿の儀(夕の儀)ご終了までお慎み(御所)

皇太子殿下 新嘗祭神嘉殿の儀(夕の儀・暁の儀)(神嘉殿)

文仁親王殿下 新嘗祭神嘉殿の儀(夕の儀)(神嘉殿)

(以上)

 

陛下は夕の儀のみ。ナルちゃんは、夕の儀、暁の儀に参加。秋篠宮様は夕の儀のみ参加、、、、、、、、なのかな。本当に??前科がありますからね。

今年の4月の神武天皇祭の雅子。

着付けだけで1時間いじょうかかる古装束。支度の時間は数時間はかかるはずなのに。終わった後の着替えもやはり時間がかかるはずなのに。

9時に参内、10時に神事開始、11時にスッキリした洋装で退出が確認されている雅子。

でも参加したことになってるのよねー。

庶民の素朴な疑問として、ナルちゃん、尿パックつけて糞尿臭い身で不浄を嫌う日本の神の神事に参加したのかしら。それとも、尿パックしてないナルちゃんだったのかしら。

そもそも、天皇、皇太子の普段の行いも含めて神はどう受け取るんだろう。

 

安倍ちゃん。

政府専用機で渡米。

・アメリカでトランプと会談。

・南米でAPECの会合。

・南米で日ロ首脳会談。

・日本に帰国後、そく御所へ参内。

・そして新嘗祭に参列。

殺人スケジュールをこなした安倍ちゃんは参加してますね。

Sponsored Link

 

 

 

2014年の産経ニュースです。

陛下、新嘗祭ご負担軽減 「暁の儀」お出ましせず - 産経ニュース

f:id:e-vis:20161126065057j:plain

宮内庁は21日、天皇陛下がその年の収穫を神々に感謝する毎年11月23日の宮中祭祀(さいし)「新嘗祭(にいなめさい)」で、気温が低下する深夜に始まる「暁(あかつき)の儀」への陛下のお出ましを今年から取りやめられると発表した。

 昨年で80歳になられた年齢に応じたご負担軽減の一環といい、宮内庁幹部は「大事な儀式だが、陛下のご健康には代えられない」としている。昭和天皇は69歳の年から暁の儀へのお出ましを取りやめていた。

 

 新嘗祭は23日夜から24日未明に皇居・神嘉殿(しんかでん)にその年に収穫された穀物を供える儀式で、宮中祭祀でも最重要とされる。午後6時からの「夕(よい)の儀」と同11時からの暁の儀が、同様の次第で2時間ずつ行われる。

 宮内庁は、陛下が75歳の平成21年から暁の儀のお出ましを最後の30分間に、77歳の23年からは夕の儀でも同様に短縮することを決めていた。23年は、気管支炎などでのご入院で実際にはお出ましになれなかった。

 

 皇室の祭祀をつかさどる掌典職(しょうてんしょく)によると、陛下が暁の儀でされていた拝礼などの一部の所作は掌典長が代行する。皇太子さまは例年通り拝礼され、皇族方も参列される。ただ、神前での御告文(おつげぶみ)奏上、新穀を神々と食べられる直会(なおらい)は、陛下しか行えないという。

(ここまで)

 

宮内庁は21日、天皇陛下がその年の収穫を神々に感謝する毎年11月23日の宮中祭祀(さいし)「新嘗祭(にいなめさい)」で、気温が低下する深夜に始まる「暁(あかつき)の儀」への陛下のお出ましを今年から取りやめられると発表した。

「ただ、神前での御告文(おつげぶみ)奏上、新穀を神々と食べられる直会(なおらい)は、陛下しか行えないという。」

 

陛下しか行えない、天皇として一番たいせつな神事。

地方への御成り、鑑賞など勝手につくった仕事や私的なお楽しみをすべて削り、国事行為も代行できるところは代行させ、これ一つにかけてもいいとおもうけどな。

地方訪問や私的旅行、お楽しみの鑑賞には行くけど、神事は短縮、代行、欠席。

これを、神はどう受け取るかよね。

 

宮内庁幹部は「大事な儀式だが、陛下のご健康には代えられない」としている。」

昭和天皇は69歳の年から暁の儀へのお出ましを取りやめていた。」

普段からの心がけと生活や公務に対する心構えがすべてにおいて祭祀王だった昭和天皇、お楽しみのために迷惑をかけることなどなかった昭和天皇、滅私に徹していた生活そのものが神事、祭祀だった昭和天皇と、サラリーマン天皇明仁さんは一緒にできないと思うのね。

 

昔、平将門が乱をおこしたとき、当時の今上さんは、みずからの不徳に責任を感じて不眠症になったとか。代表者の運気とあり方で、国の運が決まるという考え方のころの天皇としてはごく普通の反応だと思います。

災害や抗争がおこるのは、国と国民の積んだ罪の因業のせいで発生するからです。

国民を代表して神に詫び、国が積んだ罪業を小さくまつりかえていただくよう願い祈るのが祭祀王の役目です。

大きな禍を小さな禍に、小さな禍を無形の災いに。

大きな地震を小さな地震に、小さな地震をサイレント地震に。

大きな台風を小さな台風に、小さな台風を適正な降水をもたらす普通の雨風に。

「罪をみそぎ、小さくまつり変えてください」

と祈るのが司祭であり、祭祀王だと思うのよね。

続きます。

 

 ひなたぼっこ

f:id:e-vis:20161126065236j:plain