でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20170608115029g:plain

f:id:e-vis:20170527114136g:plain f:id:e-vis:20170527114752g:plain f:id:e-vis:20170613072942g:plain

ダヤンさん@『でれでれ草の英語塾』⑱(前) 転載不可

f:id:e-vis:20160827061600g:plain
 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

本日もお越しいただきありがとうございます。

お待たせしました。

片目のダヤンさんの『でれでれ草の英語塾』の時間です。

 

でれでれ草様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。

f:id:e-vis:20161207211114j:plain

今回は、第18回目。 

f:id:e-vis:20161207214308g:plain

 

この師走(12月)は、フォーサイスの「騙し屋」(THE DECEIVER)を3~4回に分けて、お届けします。

f:id:e-vis:20161207213155j:plain

先ず、この原書の構成は以下の通り。数字は、ページ数で全480頁の作品。

「年越しソバの前にフォーサイス」が今回のキャッチ・コピー。

なお、この著作本―私の記憶が正しければ、角川書店から2~3冊に分けて翻訳出版されたハズ(1990年代前半)。カネ儲けのためでしょう?

Prologue…………………..………….….1
Pride and Extreme Prejudice…….…..15
Interlude……………….……………..…125
The Pride of the Bride………………....131
Interlude…………………………….…..247
A Casualty of War……………….……..253
Interlude………………………………...353
A Little Bit of Sunshine……………....359
Epilogue……………………………….…477

Sponsored Link

 

 

そして、序章の一文がこれまた、フォーサイスらしくてカッコイイ

The Cold War lasted forty years. For the record, the West won it. But not without cost. This book is for those spent so much of their lives in the shadowed places. Those were the days, my friends.

 

これは私の高校時代に世界史の授業で、その教諭に質問したこと。

「近代以降、世界中で戦禍に巻き込まれた人間の数って、その国の全人口の大体何㌫ぐらいでしょうか?」

f:id:e-vis:20161207213250g:plain

すると、教諭は急に黙り込み、こう語った。

「それは、世界史よりむしろ人口統計学や戦争経済学の範疇に入る問題。この私にも判らない」 

f:id:e-vis:20161207214419j:plain

その後、大学生や社会人になって、カール・フォン・クラウゼヴィッツの「戦争論」やガイウス・ユリウス・カエサルの「ガリア戦記」から開高健の「輝ける闇」「ベトナム戦記」まで読み漁ったけど、満足な回答を得ることは出来なかった。

ただ何となく理解したことは、戦争の被災地は間違いなく100㌫「戦禍」を被ること。そして、真逆の論理で相手国はその爆撃地(被災地)から100㌫「戦果」を挙げること。

それで、フォーサイスは米ソの冷戦時代は40年も続き、記録によると西側が勝利したと、指摘している。しかし、その両国の損失・犠牲・代償・経費・費用(すべて、コストの意味)なしでは、成し遂げることが出来なかった。また、この著作は両国の影・暗い部分・日光の当たっていない部分・影法師(すべて、シャドウの意味)の側に居て、生存した方々に捧げることらしい。

 

本題に入る前にもう一つ。

確かに戦争は悲惨で悲劇だけど、飛躍的な技術進歩の側面も併せ持っていることは、あまり知られていない。

例えば、第二次世界大戦時の対ドイツ戦のイギリス。

f:id:e-vis:20161207213724j:plain

その空軍パイロットは、戦闘機機内で空爆報告書を書くことが義務付けられていた。一方、重力と気圧の関係で、万年筆で書くとインクがその報告書に零れてしまう。そこで、パイロットのアイディアより、発明されたのがボールペン(英語では、Ball-point)。

 

また、ベトナム戦争時に米兵が異国の地で沢山亡くなった。

f:id:e-vis:20161207213812j:plain

その死体を棺に入れて、本国で埋葬しようとしても肝腎の輸送機内では、直ぐに腐敗が生じてしまう。そこで、開発されたのが冷凍・冷蔵の海上コンテナ(Reefer)。

大体、1本の40フィート・リーファーで、プラスチック・バックに収納した死体は、150~200体前後入る。

これは秘話でアメリカらしいのは、「カソリック」「プロテスタント」「その他(ユダヤ教仏教イスラム教等を含む)」の三分類にして、その冷凍・冷蔵コンテナを分けたとか。死体も宗教と密接に関係している。

 

なお、冷凍・冷蔵の設定温度は、マイナス10度以下が冷凍で、プラス10度以下が冷蔵。そして、大抵一日2~3回前後、船舶内の航海士が温度チャートを確認している。また、現在のスーパー・リーファーは、ファン(換気装置)が2つ装着されているので、マイナス30度前後の設定が可能。

 

続きます。

 

場所を選ばない主義

f:id:e-vis:20161207214439j:plain