でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20170608115029g:plain

f:id:e-vis:20170527114136g:plain f:id:e-vis:20170527114752g:plain f:id:e-vis:20170613072942g:plain

ダヤンさん@『でれでれ草の英語塾』⑱(後) 転載不可

f:id:e-vis:20160827061600g:plain
 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

続きです。

最後は、私が直接関与した「コンドーム」。

これは湾岸戦争時、米軍の要請により日本製のコンドームが大量にアラブ諸国へ輸出された。

f:id:e-vis:20161207214839j:plain

もっとも、米兵や多国籍軍兵士が砂漠のサソリ捕獲やアダルトビデオ上映会の刎頸の友ではなく、戦車の砲丸口に砂ホコリを防止する為に付着した。

兎に角、極薄・極伸・軽量で破けないのが特徴だったとか。やっぱり、日本製が一番。

 

なお、コンドームをスラング辞典で調べると、こんな記述。

(rubber, rubber boots, night cap, shower cap, raincoat, hat, party hat, jimmy hat, joy-bag, French letter, French tickler, French purse, etc)

そして、今では古語になった「サボル」や「オンナとしけ込む」が(French leave)で「オンナを追う」や「フェラチオ」が(French connection)。

そう、大体フレンチが付くと、卑猥な表現が多いのが英米語。 

あと日本のエロ本やアダルトビデオに近い表現が、(Swedish Erotica)。ウタマロやスケベは滅多に聞かない。

 

PRIDE AND EXTREME PREJUDICE
Chapter 1
May 1883

The Russian colonel stepped out of the shadow slowly and carefully, even though he had seen and recognized the signal. All meetings with his British controller were dangerous and to be avoided if possible. But this one he had asked for himself. He had things to say, to demand, that could not be put in a message in a dead-letter box. A loose sheet of metal on the roof of a shed down the railway line flapped and creaked in a puff of predawn May wind of that year, 1983. He turned, established the source of the noise, and stared again at the patch of darkness near the locomotive turntable.
“Sam?” he called softly.
Sam McCready had also been watching. He had been there for an hour in the darkness of the abandoned railway yard in the outer suburbs of East Berlin. He had seen, or rather heard, Russian arrive, and still had waited to ensure that no other feet were moving amidst* the dust and the rubble. However many times you did it, the knotted** ball in the base of the stomach never went away.

 

*amidst=amid 前置詞で「~の真っ最中に」「~の真ん中に」の意味。

口語表現は、(in the middle of)(in the thick of)。

**knot=結び目や結び紐ではなく、胃が極度のストレスで締め付けられること。

胃が締め付けられるは、(be in knots one’s stomach)(feel a knot in one’s stomach)

原書から転載すると、ファーサイスは作品をいつも「タイプライター」で綴っているのが判る。

f:id:e-vis:20161207215236j:plain

一方、もう一人のスパイ作家の重鎮であるル・カレはそのタイプではなく、「フェルトペン」で作品を綴っている。

f:id:e-vis:20161207215336j:plain

その理由は、絵画で例えると、広大な風景を巧みな「遠近法」で描写しているのがフォーサイスで、「人物像」の皺の数から輪郭までを繊細に描いているのがル・カレ。そんな感じがする。

日本の作家で例えると、フォーサイス松本清張で、

f:id:e-vis:20161207215521j:plain

ル・カレが安倍公房。

f:id:e-vis:20161207215551j:plain

Sponsored Link

 

 

 

 

見捨てられ・寂れた(abandoned)鉄道停車場(railway yard)に蠢く二人の男(ロシア人の大佐とイギリス人のスパイ(恐らくアイルランド系。名前から判断)の情景が浮かんで来る。

その停車場には、スパイ用のメッセージボックス(a dead-letter box)が隠されている。

場所と時代は、ドイツ東ベルリンの郊外でベルリンの壁崩壊後から数年後。付近一帯を5月の風(日本の春風かも?)が吹いている。時刻は、深夜になる前の夜。

f:id:e-vis:20161207220500j:plain

この「誇りと極端な偏見」(Pride and Extreme Prejudice)作品の顛末は、ロシア人大佐が始めのうちは、ソビエトや東欧諸国に点在する東側軍事基地の正確なミサイル配置場所をイギリス人スパイに伝えていたけれど。ある時から、偽情報(Disinformation)をイギリス人に伝えることになる。

f:id:e-vis:20161207233124g:plain

そこで、イギリス側は一計を案じて、その偽情報を別のロシア人スパイに与えて、最終的にソビエト側を攪乱することを思い立つ。

f:id:e-vis:20161207233137g:plain

オチは、ロシア人のスパイ同士が疑心暗鬼になり、一人のロシア人が統一ドイツの西ベルリンにあるイギリス大使館に逃げ込み、亡命を申し込む。

f:id:e-vis:20161207233204g:plain

但し、面会を申し出た係員はそのロシア人スパイの上官だった。

f:id:e-vis:20161207222812j:plain

そう、実はイギリス大使館ソビエト大使館だった。

イギリス情報部の巧みな演出で、ベルリン支局長を一日ロシア人局長にした。

事実は小説より奇なり。最高の皮肉を提供。

 

次回は、「花嫁の持参金」(THE PRICE OF THE BRIDE)を。

f:id:e-vis:20161207222018j:plain

では、片目のダヤン

f:id:e-vis:20161207211816g:plain

ダヤンさんでした。

ありがとうございました。

 

お布団かけてあげなくちゃ

f:id:e-vis:20161207222052j:plain