でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20170608115029g:plain

f:id:e-vis:20170527114136g:plain f:id:e-vis:20170527114752g:plain f:id:e-vis:20170613072942g:plain

ダヤンさん@『でれでれ草の英語塾』23 転載不可

f:id:e-vis:20160827061600g:plain
 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

本日もお越しいただきありがとうございます。

でれでれ草様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。

f:id:e-vis:20170111164247j:plain

今回は、「でれでれ草の英語塾・第23回目」。

f:id:e-vis:20170111203749j:plain

それで、取引先の方(私と同じ50代男性。しかし、後半の方)からこんな質問を受けました。

「ロックって、何を聴いたら判りますか?」

f:id:e-vis:20170111203854p:plain

う~ん。これは、超難問ですね。私も暫く考えて、こう彼に答えました。

私が小学校時代、音楽の女先生(私が育った東京都武蔵野市には、図工と音楽の専門教諭がいた。図工はオトコ)によれば、

f:id:e-vis:20170111204021p:plain

3B(バッハ・ブラームス・ベートーベン)を聴くと、クラシック音楽は理解できると、云っていました。

f:id:e-vis:20170111204255j:plainf:id:e-vis:20170111204225j:plainf:id:e-vis:20170111204230j:plain

それを当て嵌めると、3Kプラス1Cで大体、判ります。

すると、その3Kプラス1Cって、何ですか?との質問。

ブルース・ミュージックの創始者である

アルバート・キング」(Albert King)

f:id:e-vis:20170111210716j:plain

「BB・キング」(B.B. King)

f:id:e-vis:20170111210753j:plain

フレディー・キング」(Freddie King)と

f:id:e-vis:20170111204510j:plain

ロックンロールの創始者の「チャック・ベリー」(Chuck Berry)。

f:id:e-vis:20170111204620j:plain

ちなみに、チャック・ベリーだけが存命で、最初の三人はすべて故人。

 

また、ピアノソロの原型は、安倍首相がアメリカ両議会の演説で一部引用した

キャロル・キング」(Carol King)。

f:id:e-vis:20170111204754j:plain

彼女の詩には、ボブ・ディラン以上の予言詩が含まれている。

ちなみに、「つづれ織り」(Tapestry)は、彼女の名盤中の名盤。是非とも、試聴して下さい。

www.youtube.com

その楽曲の中の「ビューティフル」は、中学校時代、その歌詞まで暗記しました。

♪ユーガッタップ・エヴリィ・モーニング~♪

 

あと、私の好きなプログレ(progressive rock)の

ピンクフロイド

f:id:e-vis:20170111205605j:plain

・イエス

f:id:e-vis:20170111205753j:plain

ジェネシス

f:id:e-vis:20170111210913j:plain

・ELP

f:id:e-vis:20170111205909j:plain

・キングクリムゾン

f:id:e-vis:20170111210002j:plain

等は大抵、

クラシック作曲家のドヴォルザーク

f:id:e-vis:20170111210059j:plain

ムソルグスキー

f:id:e-vis:20170111210143j:plain

ジャズ演奏家マイルス・デイヴィス

f:id:e-vis:20170111210409j:plain

ジョン・コルトレーン

f:id:e-vis:20170111210334j:plain

の影響を「モロ」に受けている。

 

彼らの代表曲は、この4人の「サビ」部分を見事にパクッテいるからがその理由。

これも聴き比べて下さい。

ちなみに、「サビの部分」の英訳は、(a part of hooked melody)がイイかも?

なお、直訳すると、引っ掛った旋律の一部分。

 

そしたら、この方。

「それで、ロック評論をお書きになって下さい。必ず売れます」とか。

でも、この手の内容はマニアックなロック好きの方は、ほとんど「共有」している情報でしょ。何を今更って、感じ。もっとも、この内容は彼には告げませんでしたけど。

Sponsored Link

 

それで、今回のメニュー「ニール・ヤング自叙伝」に戻る前に、ロック好きには「タマラナイ」情報をお届けします。

サラリーマン時代、頻繁に北米・中南米と数回の南米に出張したことは以前、言及しました。その時、担当者と*雑談(just small talk)でロックの話になると、その相手の今までの価値観から人生観、果ては役職や出世までが浮かび上がってしまう。

*「私は彼と雑談した」は、(I made a just small talk with him)。 

ほんと、「たかがロックンロール、されどロックンロール」(It’s only rock ‘n’ roll)ですネ。

これを喝破したのは、あのザ・ローリング・ストーンズミック・ジャガー

f:id:e-vis:20170111210626j:plain

それと、欧米社会のユニークな点は、役職者(専任部長や執行役員以上)は大抵、会社で自分の執務室を所有しているところ。

その部屋に流れているBGMで、以下の3~4つのタイプに分類できる。 

① クラッシク音楽

f:id:e-vis:20170111211558j:plain

(これを流している方は、定年が近い方が多かった。同時に、政治・経済から社会現象まで。評論家(pundit)以上の知識を持ち合わせている方が大半だった)

 

② ジャズ音楽

f:id:e-vis:20170111211609j:plain

(これを流している方の奥方の大半は、外国人籍が多かった。白人種ならアフリカ系や中南米系やアジア系。そして、母国語(英語)以外の言語を操る方も多かった。スペイン語ポルトガル語・フランス語・ドイツ語・ベトナム語等)

 

③ ロック音楽・ポップス系

f:id:e-vis:20170111211658j:plain

(これを流している方を一言で云うと、チャラ男。兎に角、チョー軽い野郎が多かった。例えば、私への質問でも「何を言ったら、日本人女性を口説いてセックスがデキルの?とか」兎に角、ヒロ君3号顔負けの輩ばかり。同時にオンナは、マサコ同様の女。即ち、瞬時に馬脚を現わすアマ(取り繕っていた正体バレバレの女)が多かった。

 

④ ロック音楽・プログレ

f:id:e-vis:20170111211955j:plain

(これを流している方は、高学歴者が多かった。大半が大学院卒で、自分のデスクの横の本棚には、ギッシリ本が並んでいた。そして、日本文学もよく読んでいた。私への質問は、「ユキオ・ミシマの耽美性は、武士道精神から来ているのか?とか」

 

皆様はどのタイプに当て嵌まりますか?

オレはラップ。アタシは民謡・演歌の方は、事例がないので判りません。

友人や職場の方に訊いて下さい。

 

また、ミュージックで覚えていると、便利な表現。

一つは、「責任を取る」の(face the music)。

これは、70年以上前のイギリスで、誰が「楽団」(music orchestra)を呼んだかの由来から広まったとか。

もう一つは、「楽譜」の(music)。

「オマエ、楽譜持って来た?」の(Did you bring the music?) 

個人的に、この楽譜と元素記号って、非常に近い識別記号に思えるのですが。如何でしょうか?

理由は、パターンが決まっていて、ほとんど例外がないところ。

 

そして、最近日課になっている「執拗なツイッターオヤジ」ことトランプの言動チェック。

f:id:e-vis:20170111212148j:plain

一昨日では、女優メリル・ストリープへの反撃で、

「ハリウッドで最大の過大評価を受けている女優の一人。最大の負け犬の友人(ヒラリーのこと)」だって。

f:id:e-vis:20170111212319j:plain

ここで、覚えていると便利な表現は、

「過大評価を受ける」は、(be overrated)で、「過小評価を受ける」は、(be underrated)。

「負け犬」は、(loser)よりも(underdog)。 

個人的には、「勝ちネコ」を(over-cat)にしたいのですが。でも、時期尚早かも。

なお、修飾語である「最大の」形容詞(名詞を修飾)と副詞(形容詞と動詞を修飾)は、グレートやグレートリーではなく、(tremendous)と(tremendously)。

これをスパっと言えると、バイリンガル・エキスパートはもう眼前で、バイカルチャラル(bi-cultural)の方。

 

それで、欧米のロックミュージシャンで、日本で間違いなく「過小評価」を受けている方は二人いると、私は思います。

一人がニール・ヤング

f:id:e-vis:20170111212456j:plain

もう一人がエルトン・ジョン

f:id:e-vis:20170111212535j:plain

その理由は、ビートルズ解散後、配偶者の小野洋子と日本をお忍びで訪問した際にジョン・レノンが日本で買い求めたのがこの二人のレコードのみだった。これは事実。

f:id:e-vis:20170111212759j:plain

この接点は、息子のショーン・オノ・レノンの名付け親がエルトン・ジョンで、ニール・ヤングから譲り受けたギターを暗殺されるまで、使い続けたジョン・レノンに繋がる。

また、彼の最後のアルバム「ダブル・ファンタジー」を聴き直すと、二人の名作品「ハーヴェスト」と「キャプテン・ファンタスティック・ブラウン・ダート・カーボーイ」へのアンサー・アルバム/Answer Album(回答作品)兼デディケイティッド・アルバム/Dedicated Album(奉納作品)の気がしてならない。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

なお、聖母マリアに捧げた礼拝堂は、(a chapel dedicated to the Virgin Mary)。

時間と空間に余裕がある方は、是非とも3作品の聴き比べをして下さい。

 

丁度、三島由紀夫の最後の作品群である「豊饒の海」から始まり、「春の雪」「奔馬」「暁の寺」「天人五衰」の四部作で終える究極的・本質的な芸術作品を読み終えた達成感と同じかも?絶対保障します。 

やっぱり、輪廻転生(reincarnation)は、あるかも?

この使い方は、「輪廻転生を信じますか?」の(Do you believe in reincarnation?) が無難かも。

次回は必ず、ニール・ヤングの自叙伝(WAGING HEAVY PEACE)に戻ります。

では、片目のダヤン

f:id:e-vis:20170111213558g:plain

ダヤンさんでした。

ありがとうございました。

 

ダラダラもシンクロ

http://livedoor.4.blogimg.jp/nekomemo/imgs/7/c/7c77cbde.gif