でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20170608115029g:plain

f:id:e-vis:20170527114136g:plain f:id:e-vis:20170527114752g:plain f:id:e-vis:20170613072942g:plain

続・美智子様の真実①@恨の民族の遺伝子

f:id:e-vis:20170214123426g:plainf:id:e-vis:20170214123429g:plainf:id:e-vis:20170214133125g:plain

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

本日もお越しいただきありがとうございます。

反日朝鮮系工作員の美智子と雅子、影子たちの思考と方向性を知るのに、朝鮮の宗派・統一教会の開祖の「お言葉」は参考になりますね。

統一教会開祖のお言葉

※保守速報コメ欄より

http://hosyusokuhou.jp/

f:id:e-vis:20170212113905j:plain

283. 名無しさん@ほしゅそく 2015年05月28日 14:33:13 id:MzMTE3Njk 
『日本と韓国の怨讐中の怨讐が最頂点の王です、王。そう、日本の天皇と韓国の王とが交差結婚をしなければなりません。その次に上・下院が交差結婚しなければなりません。』
(「文鮮明先生み言葉選集」346巻より)

 

それでは、その(文教祖の)息子、娘を中心として後孫(子孫)が三代になったら、すべて国際結婚する時が来ます。ですから国境で怨讐(敵)になっていた人たちを中心に結婚するのです。怨讐(敵)の国の人と結婚するのです。日本の皇室と(文教祖の)孫たちが結婚する時が来て、すべての国の王権の代表者たちと結婚する時代に入るというのです。』
(「文鮮明先生み言葉選集」328巻より)


285. 名無しさん@ほしゅそく 2015年05月28日 14:34:22 id:MzMTE3Njk 
『交替結婚、日本の天皇と貧民街の最も名前の知れたおばさんの娘と結婚しなければというのです。両班(貴族)がサンノム(常奴=平民)にならなければならず、サンノムが両班にならなければなりません。』
(第44回真の万物の日のみ言葉 2006年5月27日 清平修練苑)


286. 名無しさん@ほしゅそく 2015年05月28日 14:35:41 id:MzMTE3Njk 
『日本の皇室の貴重な娘たちが韓国の農村に入って、漁師の妻になり、農夫の妻になると自ら申し出ることができるそのような時が来れば、日本が解放されるという考えをしなければなりません。

そんな事は考えもしないのではないですか?

国(日本)の皇室ができないから、日本の国民たち、よくできる人たちがそのような過程を経ずには(統一教会の教義でいう)皇室圏の根を求めることができないという事実を知らなければなりません。深刻な話ですよ。わかりますか?(「はい」)

統一教会に入ってきたので、それでも韓国の女性でなければ日本の女性を・・・韓国人と日本人を結婚させてあげたのです。』
(「文鮮明先生み言葉選集」333巻より)

転載以上

Sponsored Link

 

 

『交替結婚、日本の天皇貧民街の最も名前の知れたおばさんの娘と結婚しなければというのです。両班(貴族)がサンノム(常奴=平民)にならなければならず、サンノムが両班にならなければなりません。』

 

貧民街のもっとも名のしれたおばさん、、、

美智子と明仁さんが、そして、雅子と徳仁さんが結婚しましたね。

f:id:e-vis:20170212115258j:plain

f:id:e-vis:20170212121654j:plain

続きます。

 

これはたまらん 可愛すぎる

https://img.gifmagazine.net/gifmagazine/images/14033/original.gif?1406825157

関連記事

・美智子様の真実

・美智子様の影武者

f:id:e-vis:20170205123214g:plainf:id:e-vis:20170205123206g:plainf:id:e-vis:20170214133125g:plain