でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20170608115029g:plain

f:id:e-vis:20170527114136g:plain f:id:e-vis:20170527114752g:plain f:id:e-vis:20170613072942g:plain

ダヤンさん@『でれでれ草の英語塾』28 転載不可

f:id:e-vis:20160827061600g:plain
 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

本日もお越しいただきありがとうございます。

お待たせしました。片目のダヤンさんによる『でれでれ草の英語塾』の時間です。

でれでれ草様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。

f:id:e-vis:20170219124505j:plain

今回は、第28回目のでれでれ草の英語塾。

f:id:e-vis:20170304130341j:plain

それで、前回記したロバート・フィリップと田中角栄との類似性・近似性は、次回に譲るとして。ホットな話題を提供します。

Sponsored Link

 

 

昔、読んだレン・ディトン(イギリスのスパイ作家)の作品で、こんな描写がありました。

f:id:e-vis:20170304185501g:plain

場所は、アメリカ・ワシントンDCを流れるポトマック河沿いにあるバー。

東京都(府)が無償提供した「サクラ」は散り始めている。

だから、4月中旬が時期的要素。

f:id:e-vis:20170304185327g:plain

「やあ、ビル・ケイシー、久しぶりじゃないか、オレだョ。ディック・マクレイン。ブラウン大学フットボールチームで、同じだっただろう?オマエは、クォーターバック

f:id:e-vis:20170304133636p:plain

このビル・ケイシー演じているセルゲイ・ゴトフスキーは、KGBアカデミーで学習した写真と名前を思い出しても、このディック・マクレインの顔が出て来ない。

f:id:e-vis:20170304133727p:plain

でも、場所は、裕福な白人客が大半を占めるイギリス風のバー。

彼は、「人違いだよ」(You’re asking for the wrong person)の台詞を飲み込んで、こう云ってしまう。

「オマエには大学時代、ワルイことを云ってしまったナ」

f:id:e-vis:20170304134033g:plain

この時、ディック・マクレインの顔が豹変して、モスクワのルビヤンカ刑務所の刑務官の如く、こう言い放つ。

「セルゲイ・ゴトフスキーKGB大佐、アナタは英語をアメリカ人ではなく、フランス語圏(ケベック州)のカナダ人から教わりました。違いますか?」

f:id:e-vis:20170304133636p:plain

この時、バーの酔客に扮していた4人のFBI捜査官がセルゲイに銃口を向けた。

f:id:e-vis:20170304183737g:plain

私もヒロ君2号の如く、オシッコを漏らしたかもしれない。

尿もれパッド要らず。但し、替えのパンツとズボンは、必要かも。家内に連絡しないと。

 

ここで、アメリカ人が容易にカナダ人の英語を見破った理由は、副詞・接続詞・疑問詞を意味する(when)。

これが、「ウェン」ではなく、「ウェーナ」に近い。

(that/what/how/which/who)も同じ。

誰も最初に覚えた発音でしか、言葉を発せられないのが悲劇。

シェークスピア悲劇顔負けではなく、シェークスピア「喜劇」顔負け。

 

これは、在日朝鮮人や中国人もそう。

f:id:e-vis:20170304190610g:plain

彼らの日本語発音って、何処となく「オカシイ」でしょ?

それは、発音が「アヤシイ」者(両親や周囲を含む)からしか、日本語を教わらないから。

f:id:e-vis:20170304190825g:plain

だから、永遠に奴らの「発音」と「抑揚」や「行間を読む」チカラは、治癒されない。素直に本国に退去して頂かないと。


昨年12月、取引先の社長から知人(日本人)を紹介され、彼曰く、「XXXさん(私の名前)の評判は、伺っております。貿易と海運。そして、海外交渉もプロの方だと。私の知人に中国人の社長がいるのですが。一度、会って頂けますか?」

この時、私は前述のセルゲイ・ゴトフスキーの如く、「人違いだよ」と云って、断れば良かったのですが。アルコールの勢いと取引先社長の面子もあるし、承認してしまう。

f:id:e-vis:20170304142319g:plain

でも、ビジネスはヘンリー・キッシンジャー博士流で、進めるのがベスト。

「彼は、遭遇する相手のクセ・評判・能力を最低、5人の者から収集して会っていた」これが誰も簡単にデキそうで、誰もデキナイのがこの世の中の最大の悲劇要因。

「オカネがあれば、ボクたちを日本の仕入れ先のお客さんです」

この言葉を発した中国人―勿論、日本語の発音と抑揚と文法が微妙に違っていた。

私は敢えて、それを訂正せず、自身の報酬のみにマトを絞った。

「貿易顧問料は月間でどれくらい?」と。

f:id:e-vis:20170304142319g:plain

すると、最高で50万。でも、始めは35万円からスタートして欲しいとか。

一方、その業務内容は、貿易・海運・海外交渉には数㌫しか関連性のない以下のことだった。
① 既存の備蓄倉庫を変えるので、新規の倉庫会社から見積書を入手。
② 関東地区の雑貨問屋からの情報収集。
③ 関東地区の食品問屋・食品メーカーからの情報収集。
④ 安売り小売店からの情報収集。
⑤ 和牛を中国へ輸出するための道筋の開拓。

 

新規倉庫会社の見積書は、旧知の乙仲が協力してくれ、②~⑤はその業界に属する業界紙の「記者」に化けて取材した。

サラリーマン時代、遭遇したモサドエージェント曰く、「キミはジャーナリストのカバーがピッタリ(You just fit the bill for journalists)」は、かなりマトを射た表現と思っている。やはり、モサドにはアタマが切れる者が集まる。

f:id:e-vis:20170304143257p:plain

それで、この中国人会社と顧問契約が決裂した最大の理由は、私が文書化したレポートを他の在日中国人に「転売」している事実が判明したから。

要は、私が「ダシ」に使われた。だから、中国人や朝鮮人とのビジネスには今後一切、関与しない。

f:id:e-vis:20170304143132g:plain

このオチは、見知らぬ中国人から突然、携帯に連絡が入り、このチンク(中国人)曰く、「XXXXさん(私の名前)、アナタ、防衛省に知り合いはいますか?」だって。

こうやって、福田康夫小和田恒人民解放軍こと中国諜報部の工作員になったのでしょ。

そして、このチンクへの私の捨て台詞。

「オタク、英語が判りますか?」電話口の男は、やや口籠り、「スコシならワカリマス」。

「オマエの知ったことか。このゲスなチンポのチンク野郎!」

(None of your fucking business! You bastard of a dirty prick Chink!) 

隣国の韓国同様、中国とも絶対、付き合ってはダメ!

f:id:e-vis:20170304142739j:plain

f:id:e-vis:20170304191258j:plain

それが私のビジネス哲学かつ外交手法。

だって、数年後日本は、戦勝国として奴らを凌駕するから。

では、片目のダヤン 

f:id:e-vis:20170304130144g:plain

 

追記

①顧問料金が今月、入金されない場合は、在日中国大使館の前で、汚物大陸人が三度のメシより好きな偶発的な「デモ」をしないと。参加者募集は、追って連絡。

f:id:e-vis:20170304141655j:plain

②この期になっても石原慎太郎曰く、「サムライの果たし合いをする心境」とか。

朝鮮人にサムライは「存在」したかしら?

「ボシンタン鍋(犬鍋)を喰い漁る」のが正しい日本語では?

だから、この輩の自称文学作品は一切、読む価値が無いと思っている。

f:id:e-vis:20170304142132j:plain

また、ライトポエムノベルでもない、「存在すら感じることができない軽薄さ」の村上春樹も同じ。

f:id:e-vis:20170304142152j:plain

私だったら、「騎士団殺し」ではなく、「疑似団殺し」にするけど。

世界最大のコピー・盗作・剽窃の悪徳国民を問答無用で「殺戮」する。

如何でしょうか。

f:id:e-vis:20170304183429p:plain

 

以上

 

ダヤンさんでした。

ありがとうございました。

※管理人は村上春樹石原慎太郎の顔がにているにおどろきです。同じような生き方をしていると、最後は同じような顔になるのでしょうか。

 

異種同居がうまくいっているようだ

http://animalgif.wp.xdomain.jp/wp-content/uploads/2015/07/2258.gif