でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20170608115029g:plain

f:id:e-vis:20170527114136g:plain f:id:e-vis:20170527114752g:plain f:id:e-vis:20170613072942g:plain

03月14日@ニホニウム命名式典

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

本日もお越しいただきありがとうございます。

2017年03月14日

113番元素にニホニウムと命名する式典

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000124-jij-sctch

 理化学研究所などが世界で初めて合成した113番元素「ニホニウム」の命名記念式典が14日、東京・上野の日本学士院で開かれた。理研森田浩介グループディレクター(九州大教授兼任)が発見と命名の経緯を説明し、「長きにわたり声援を送ってくださった国民の皆さまへの感謝を込めて命名した」と語った。

 式典では国際純正・応用化学連合IUPAC)のナタリア・タラソバ会長が「113番元素がニホニウムと命名されたことを宣言する」と述べた。IUPACは昨年11月、理研チームの提案に基づき、元素名と元素記号「Nh」を正式決定した。

(中略)

 式典後、森田さんは「ようやくこの日を迎えられた」とほっとした表情を見せ、次の目標となる119番以降の新元素発見に向け「さらに難しい仕事になるが、淡々とやるだけだ」と語った。

 森田さんらは2003年から、亜鉛原子番号30)の原子核ビスマス(同83)の標的に加速器で衝突させる実験を繰り返し、12年までに計3回、113番元素の合成に成功。15年12月に命名権が認められた。 

(以上)

アジア発元素の命名権ニホニウム

f:id:e-vis:20170316233547p:plain

ニホニウムの理由

何故ジャポニウムではなく、ニホニウムのか、ですが、

今までの元素はすべて欧米ロシアから命名されてました。ほかの元素の名前と並べても、ジャポニウムだと違和感がないそうです。アジア発だし、命名したのは日本だとわからせたい、意識してほしい、ということで、ニホニウムになったとか。

研究者や学生は、ニホニウムが何をもとに命名されたのか何なのかわからないので、調べることになります。そして、日本、が意識されるそうです。

Sponsored Link

 

113番元素特設ページ | 理化学研究所 仁科加速器研究センター

113番元素名:nihonium (ニホニウム元素記号:Nhに決定

理化学研究所仁科加速器研究センター超重元素研究グループの森田浩介グループディレクターを中心とする研究グループが提案していた113番元素の元素名と元素記号が、グループの提案通り
元素名 「nihonium(ニホニウム)」
元素記号 「Nh」
に正式決定されました。

f:id:e-vis:20170316130640j:plain


─森田グループのコメント─

f:id:e-vis:20170316131407j:plain

私たちの提案した元素名「nihonium」、元素記号「Nh」がIUPAC(国際純正・応用化学連合)に認められ、正式決定されたことを大変うれしく思っております。長い元素発見の歴史の中で、欧米以外の国で元素を発見したグループはありませんでした。つまり今回の日本発の新元素の認定と命名はアジア初です。私たち研究グループは、応援してくださった日本の皆さんのことを思い、新元素を「ニホニウム」と命名しました。人類の知的財産として将来にわたり継承される周期表に、日本を中心とする研究グループが発見した元素が載ります。私たちはこれをとても光栄に思っており、長年にわたり応援してくださったすべての皆さんに感謝の意を表します。

 基礎科学における発見は、そののち思いもよらないブレークスルーを数多く生み出し、人類に多くの恩恵をもたらしてきました。一方、基礎科学研究そのものが日々の生活に直接影響を与えることはほとんどありません。そんな状況にもかかわらず、私たちの実験のような長期的で地道な基礎科学研究を支援してくださった方々に改めて深く感謝します。
 周期表に日本発の元素を見出した人が少しでも誇らしい気持ちになり、科学に興味を抱いてくださることを期待します。そして、それが科学的な思考をもつ人の数を増やすことにつながり、ひいては日本の科学技術の発展に寄与しうると考えるとき、私たちは、私たちの行ってきたことに大きな意義を見出すことができます。今回の新元素発見と命名を多くの皆様と共に祝うことができましたなら、研究グループ一同これに勝る喜びはありません。
研究グループを代表して
森田 浩介

(以上)

 

亜鉛ビスマスニホニウム

f:id:e-vis:20170316131438p:plain

※画像は理化学研究所から 

113番元素の合成の原理は数字の上では単純です。亜鉛(Zn原子番号30、陽子数30個)の原子核ビスマス(Bi 原子番号83、陽子数83個)の原子核を衝突させ、融合させれば30 + 83 = 113番元素が出来上がります。

※続きはこちらから

 

ホメオパシーニホニウム

f:id:e-vis:20170316152423j:plain

ホメオパシー的には、亜鉛Zincは基調は本心や本音を包み隠す、同じ言葉や同じ行動を繰り返す傾向があること、反復をくりかえす学習からくる脳の疲れなどがあります。「ご飯食べてない」など同じことを何度も言うような認知症もカバーしていたはず。それは、慣習的、伝統を重視し往来のきまりからはみ出さない、ということにもつながります。

f:id:e-vis:20170316133003j:plain

白粉の原料で京都のお公家さんん達は男女かかわりなくあつく顔にぬってましたね。そのため、ジンクの性格が京都貴族の性質になったのではないでしょうか。

本音と本心を八ツ橋で包み隠して会話をするのが京都の方の特徴ですが、本音を隠すという意味での、まさにジンクは京都の貴族のレメディーでした。

f:id:e-vis:20170316152327j:plain

一方、ビスマスBismは、避けられない破滅を待つ人の恐怖のレメディーです。いずれ破たんが来るのがわかっているけど動けない、どうすることもできない。決裁を待っている人。たとえば、今いる業界は10年後にはなくなる。が、退職転職ができない、あるいは会社で取り返しのできない失敗をした。週末になるとそれがばれる。どうしようもない。という方の不安のレメディーです。

そして、帝王切開など刃物がグサッと身体にささるときのトラウマのレメディーで、まさに切腹です。そう、切腹を仰せつかった武士のレメディーでもありますね。

武士にとって生きることは主君のために死ぬためであり、つねに死を凝視して生きていることになります。

f:id:e-vis:20170316150428g:plain

欧州も、地中海側のローマを中心とするラテン系の文化と、北方のゲルマン系の文化の複合だとおもいますが、日本も天皇を中心とする京都の文化圏と、地方の武家との混合で成り立ってきたと思います。

亜鉛ジンクとビスマス、たしたらニホニウム、ってわかりやすすぎ。

プルービングテストの結果が楽しみですね。日本人に多い癌に対するアプローチにいいとか、そういう結果が出るかも。

 

113をひっくり返せば、311。

今年の311の追悼式典には秋篠宮ご夫妻が参列されていましたね。

f:id:e-vis:20170316133151j:plain

秋篠宮様天皇家の事実上の代表、妃殿下は会津藩士の末裔。

象徴的だと思いました。

  

47年前の1970年03月14日

アジア初の万博博覧会

大阪万博開催

f:id:e-vis:20170316144715j:plain

wiki

日本万国博覧会(にっぽんばんこくはくらんかい、英:Japan World Exposition)は、1970年3月14日から9月13日までの183日間、大阪府吹田市千里丘陵で開催された国際博覧会
アジア初かつ日本で最初の国際博覧会(General category:一般博、現・登録博)であり、当時史上最大の規模を誇った。略称は開催地の名から大阪万博、一般的な英語表記としてはEXPO'70が用いられた。また、日本国内において単に万博あるいは万国博とも略される(本項の記述にも用いる)。主催は、財団法人日本万国博覧会協会。博覧会の名誉総裁は当時の皇太子明仁親王、名誉会長は当時の内閣総理大臣佐藤栄作

(以上)

f:id:e-vis:20170316152140j:plain

f:id:e-vis:20170316152147j:plain

日本の高度経済成長の象徴でしたね。

敗戦後たちなおり、経済大国として復活し、あとはバブルに向かって走り続けます。

 

1879年03月14日 

アルバート・アインシュタイン誕生

f:id:e-vis:20170316144841j:plain

wikiより

アルベルト・アインシュタイン[† 1](独: Albert Einstein[† 2][† 3][1][2]、1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、ドイツ生まれの理論物理学者である。
特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、世界的に知られる。
20世紀最大の物理学者とも、現代物理学の父とも呼ばれる。特に彼の特殊相対性理論一般相対性理論が有名だが、光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。

以上

 

アインシュタイン博士

「近代日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。
この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。
果たせるかなこの国の、三千年の歴史がそれであった。
この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが、今日の日本をあらせしめたのである。
私はこのような尊い国が、世界に一カ所位なくてはならないと考えていた。
なぜならば世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。
その時人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。
この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた、最も古くまた尊い家柄ではなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
吾々は神に感謝する、吾々に日本という尊い国を、作って置いてくれたことを。」

 

追記

上記の予言は、フォン・シュタイン博士という別のドイツ人博士のものだったのが、あやまってアインシュタイン博士のものとして長い間信じられてきたようです。

wiki 

偽書
2005年(平成17年)、ドイツ文学研究者の中澤英雄・東京大学教授(当時)は、この発言がアインシュタインのものであるという確定的な典拠は存在せず、またアインシュタインの思想とは矛盾する内容であると発表した。中澤は、この「予言」の原型を宗教家の田中智學が1928年(昭和3年)に著した本『日本とは如何なる國ぞ』の一節であると指摘した[1][2][3][4]。以下にそれを記す。


故高崎正風氏が特に私に傳言して呉れと話された談に、曾て海外へ派遣された海江田子爵が丸山作樂氏を伴れて獨逸のスタイン博士を訪問した時、スタイン博士が、日本の歷史を訪ねられた所から、丸山氏は得意に日本開闢以來の歷史を要説して、日本君民の狀況を話したら、博士は非常に驚いて、


『どうも日本といふ國は、舊い國だと聞いたから、これには何か立派な原因があるだらうと思ツて、これまで訪ねて來た日本の學者や政客等に就いてそれを訊ねても、誰も話してくれない、私の國にはお話し申す樣な史實はありませんとばかりで、謙遜ではあらうが、あまりに要領を得ないので、心ひそかに遺憾におもツて居たところ、今日うけたまはツて始めて宿年の疑ひを解いた。

そんな立派な歷史があればこそ東洋の君子國として、世界に比類のない、皇統連綿萬世一系の一大事蹟が保たれて居るのである、世界の中にどこか一ケ所ぐらゐ、爾ういふ國がなくてはならぬ、トいふわけは、今に世界の將來は、段々開けるだけ開け、揉むだけ揉んだ最後が、必ず爭ひに疲れて、きツと世界的平和を要求する時が來るに相違ない。

さういふ場合に、假りに世界各國が聚ツて其方法を議するとして、それには一つの世界的盟主をあげようとなツたとする、扨ていかなる國を推して「世界の盟主」とするかとなると、武力や金力では、足元から爭ひが伴う、さういふ時に一番無難にすべてが心服するのは、この世の中で一番古い貴い家といふことになる、あらゆる國々の歷史に超越した古さと貴さを有ツたものが、だれも爭ひ得ない世界的長者といふことになる、

そういふものが此の世の中に一つなければ世界の紛亂は永久に治めるよすがゞない。果して今日本の史實を聞いて、天は人類のためにかういふ國を造ツて置いたものだといふことを確め得た』


と言はれて、大層悅ばれたといふ事で、子爵が歸朝早々葉山なる高崎氏を尋ねて話されたといふことで、それを高崎氏の知人なる吾が門人某に托して私に傳へられた。私はこれを聞いて、左もこそと思ツた。
— 田中巴之助、田中 1928, pp. 30 f.


ただし、田中はこの言葉を大日本帝国憲法制定に大きな影響を与えたドイツ人法学者ローレンツ・フォン・シュタインの発言として紹介しており、「予言」はアインシュタインのものではないとされている。

(転載以上)

 

管理人としては、長い間アインシュタイン博士のものとして信じられた予言なので、このままおいておきたいと思います。

 

日本の国体といっていい天皇家 

天皇夫妻、皇太子夫妻は、異教徒のツマの影響もあり国体として機能してません。平成は内廷が不在の時代でした。

いいお写真

f:id:e-vis:20170316133408j:plain

構図がちょっと似てたりして。

f:id:e-vis:20170316133257g:plain

f:id:e-vis:20170316133511g:plain

 

 食べることも怠けるナマケモノ

http://livedoor.blogimg.jp/scienceplus2ch/imgs/4/e/4e5c3b0c.gif