でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20161205203522g:plain

Sponsored Link

明治天皇すり替わり説③ 広めているのは部落の方

f:id:e-vis:20170328221420g:plainf:id:e-vis:20170328221416g:plainf:id:e-vis:20170328221418g:plain

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

続きです。

因果からみる真偽 

f:id:e-vis:20170327180316j:plain

なにより、結果を見ればその因がわかります。

明治陛下が何者か、明治の国運がすべてを物語っています。

数万の和歌をお読みになりましたが、どれも、現人神として雲の上で生まれ育ったかたにしか読めない曇りのない御歌です。市井の泥をかぶったことのない方の歌です。

 

組織も家も国も代表者の運が左右します。

f:id:e-vis:20170327180424j:plain

明治天皇を中心にあれだけの国運が発揮されましたが、祭祀王という天皇家のお血筋の方ではなければ神威もあれほど発揮はできなかったでしょう。一般人では志がいくらたかくても無理です。先祖が全員天皇とういう人間のみなせることです。

代々の天皇家の皇祖神は、皇祖神の子孫であるゆえに天皇にかかり国運を開くのです。お血筋が違う人間がいくら宮中三殿に拝しても、伊勢神宮に参拝しても日本の神々も皇祖神は動きませんよ。崩壊し続ける東宮家を見ればわかります。

 

Sponsored Link

 

だらしなく壊疽していくような平成の御代と比べてください。

f:id:e-vis:20170328101500j:plain

・あいつぐ猟奇事件、

・負けることがない相手に敗北し続ける外交、

・禍を小さくできないので災害が起こったらそのまま人災につながる天災、災害、

・朝鮮系、部落民系が跋扈し国を蚕食しつづける政財界

・だらしなく広がる格差、

・相応しい人間ではなく欲しがる人間が権威や権力をもつ赤い時代、

・風紀紊乱、

お血筋が正しくとも、天皇たる人間が祭祀をおろそかにし、異教徒の妻に支配されれば、このざまです。

 

一方、昭和天皇の御代は大日本帝国と経済大国日本という2幕式の壮大なスケールの時代でした。焼け野原から経済大国に上り詰めた国運は、最高の祭祀王であり霊能者であった昭和陛下でなければ呼び込めなかったでしょう。

f:id:e-vis:20170327222818j:plain

平成の不運の原因の一つに、おそらくは、今上陛下は、美智子の要求に従ってカトリックに改宗しているのではと管理人は疑っています。結婚の承諾の交換条件として、改宗を条件にした可能性がありますね。秘密裡にカトリックに改宗してカトリック式の式をあげたいといった可能性はあるかもしれないと疑うほど、今上天皇には祭祀王として機能していません。

f:id:e-vis:20170327155936j:plain

平成になって天皇夫妻は金婚式を迎えますが、金婚式祭祀なるものを勝手に作り催行しました。天皇は国と民の安寧と繁栄を祈るということがわかっていないのか、あるいは、一般人が厄除け祈祷を受けに行く乗りで、自分たちをよろしくね、というノリなのでしょうか、祭祀王ではなく参拝客の感覚でいるのかもしれません。

 

まちがいなく、皇太子は雅子の影響で創価に改宗しているでしょう。 

f:id:e-vis:20170327215251g:plain

しかし、複数いる美智子が産んだ複数の徳仁にまともな知能を持つものは一人もおらず、徳仁1号の精子でつくった愛子さんも発達障害反日異教徒内廷皇族の血を引く全員に問題が出ているわけです。

道鏡平将門足利義満、ほか、過去、皇統簒奪を策するものはすべて滅んでいます。

人はごまかせても、神はごまかせません。

画像が重いのでわけます。続きます。

 

もふもふもふもふ

http://www.catgifpage.com/gifs/283.gif

f:id:e-vis:20170328221420g:plainf:id:e-vis:20170328221416g:plainf:id:e-vis:20170328221418g:plain