でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20170608115029g:plain

f:id:e-vis:20170527114136g:plain f:id:e-vis:20170527114752g:plain f:id:e-vis:20170613072942g:plain

ダヤンさん@『でれでれ草の英語塾』33 転載不可

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

本日もお越しいただきありがとうございます。

お待たせしました。片目のダヤンさんによる『でれでれ草の英語塾』の時間です。

でれでれ草様及び読者の皆様:

片目のダヤンです。

f:id:e-vis:20170410191751j:plain

今回は、『でれでれ草の英語塾・第33回目』。

f:id:e-vis:20170410195456p:plain

f:id:e-vis:20170410195504j:plain

それで、先月(3月)の後半から叔父の著作と松本清張の作品を田中角栄の如く、深夜に読み返していました。そして、気付いたこと。

「ヒトはその痕跡を残している」

(The man has left his traces)。

これが両著作者の永遠の「作品モチーフ」に違いないと。

そのヒトを「歴史」「文明」「戦争」「企業」等に置き換えると、別の視点でモノが見えてきます。

伏見さんのブログでも綴った世界最強のウルトラ・ゼネコン「ベクテル社」。

f:id:e-vis:20170410195620j:plain

この痕跡が見えてきました。

Sponsored Link

 

アメリカ西部の名門大学スタンフォード

f:id:e-vis:20170410192018j:plain

そう、この創立者名は、「スタンフォード・ベクテル」(Stanford Bechtel)と鉄道王のリーランド・スタンフォード

f:id:e-vis:20170410192114j:plain

彼等は、イギリス系のアメリカ人。あのメイフラワー号に乗船して、アメリカに上陸したか否かは判りませんが。

でも、不思議なのは「何故」当時の文明の中心地であったニューヨークやボストンで、起業せずに未開の地であった「西部」で起業したか否かが問題。

その答えは、「ゴールドラッシュ」と「ハリウッド」にありました。

f:id:e-vis:20170410192204j:plain

f:id:e-vis:20170410192355j:plain

前者の金鉱山では、鉱夫を派遣。今で言う、人材派遣会社に近いこと。つまり、「人夫の斡旋師」で財を得ると、後者の映画会社の映画スタジオや全米各地の映画館建設でもこれまた、莫大な財産を得る。

ここで、興味深いのは、当時、既に分社制度を用いていたこと。

「斡旋会社」 

f:id:e-vis:20170410193023p:plain

「資材会社」

f:id:e-vis:20170410193216p:plain

「施工会社」と「設計会社」

f:id:e-vis:20170410194152g:plain

つまり、外部から得た「カネ」は一滴も溢さず、コップに入れた水すべてを飲み干すが如く、貯め込んで循環させていた。

 

f:id:e-vis:20170410194208g:plain

この発想って、イギリスの植民地支配時代の東インド会社を凌駕します。

そして、面白かったのは、その儲けた「富」を役員始め共同経営者や従業員とどのように「分配」したか?

70対30にしたそうです。

f:id:e-vis:20170410201901g:plain

つまり、利益の7割を社長と一族の管理支配下に置いて、残りの3割を役員他、従業員で山分けする。だから、この会社って別に上場しなくても、企業資産がタップリあるから非上場の企業形態で全く、問題ない。

これって、投資銀行のJPモルガンや高級ブランドのルイ・ヴィトンと同じ経営方針。

f:id:e-vis:20170410194408j:plainf:id:e-vis:20170410194416j:plain

上記の内容は、ゴールドラッシュの歴史とハリウッド映画史から拾えました。

共に、日本では未翻訳。読者の方で、独立して起業する方はこの「ベクテルモデル」もアタマの隅に置いて下さい。でも、当時の分社化は、現在の「XXXホールディング会社」にも該当するので、やっぱり「先見の明」がありましたネ。

 

では、本題に入ります。

f:id:e-vis:20170410195802g:plain

今回の生徒ではなく、「患者」さんは、取引先の社長の奥方で70歳過ぎの方。

60歳まで中学校で地理の教鞭を執り、昨年からTOEICテストの勉強を開始。理由は、2020年の東京オリンピックで、外人に通訳をすること。そして、英字新聞を辞書なくして、読むこと。従って、目標はかなり高い。

一方、スコアの方は「リスニング」と「リーディング」を合計しても280~300点前後。そうすると、990点満点の31㌫から33㌫しか点が取れていないこと。

そこで、自宅にお伺いして先ず、勉強方法を訊きました。

すると、彼女は問題集を広げてくれて、「答え」を覚えることにしていますと、フツーの口調。

私が他に、「勉強方法は無かったですか?」と訊くと、

f:id:e-vis:20170410195802g:plain 

元教諭らしからぬ回答。

「だって、こっちのほうがラクですから」 

う~ん、この方。そもそも、「勉強には向いていない」と云おうとしたら、急に「時給額」がアタマの中で点滅して、私はこう言いました。 

「昔からお勉強はお得意でしたから、その誠実さ失わずにちょっとだけ、勉強方法を変えてみましょうか?」と。

f:id:e-vis:20170410195802g:plain

すると、「センセイがそこまでおっしゃるなら」と、私の勉強方法を聞いてくれました。以下の通り。

① 英語は「子音」で終わり、日本語は「母音」で終わる。だから、英語の文章を発音する際には、単語と単語を「必ずくっ付けて」読むこと。

f:id:e-vis:20170410200138j:plain

② 単語や熟語の意味を調べる際、単に「辞書」を引くのではなく、自分の「ノート」に書き込んで、辞書で調べる「クセ」を付ける。

f:id:e-vis:20170410200626p:plain

話し言葉も書き言葉も「接続詞」が超魔物。

f:id:e-vis:20170410200614j:plain

これが区別できると、800点や900点越えは近い。

④ ある段階から、「英英辞典」に移行すること。それで、「日本語で英語を考える」のではなく、「英語で英語を考えること」が出来る。

f:id:e-vis:20170410200529j:plain

⑤ 自分が気に入った英語表現は、②で言及したノートに書き写すこと。 

f:id:e-vis:20170410200923j:plain

ここまで話すと、「私が勤務した中学校でもセンセイのような教諭はいなかった」とか。

f:id:e-vis:20170410195010g:plain

ホントかよ。だから、中学・高校・大学で英語を教える者達は、「英語が話せない」悪循環を生じさせているんじゃないの?

この定見は既にしたけど、もう一度。

「英語で外人とビジネスをしたことが無い者が教えている」これに尽きます。

次回は、この老人女性が一週間で、どれだけ「英語力」が上昇したかをお伝えします。お楽しみ!ヒトの記憶力って、意外と低下しないモノ。 

では、片目のダヤン

f:id:e-vis:20170410201029g:plain

ダヤンさんでした。ありがとうございました。

管理人としては、おすすめの英英辞典とかお勧めの教材を教えていただきたいですね。

 

肉球大きい~~

https://media.giphy.com/media/xXoxJbwF5WkbC/giphy.gif