でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20170608115029g:plain

f:id:e-vis:20170527114136g:plain f:id:e-vis:20170527114752g:plain f:id:e-vis:20170613072942g:plain

離党・長島昭久@(中)はたして、まともな野党ができるのか

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 

続きです。

はたして、まともな野党ができるのかどうか。

wikiから編集してます

長島 昭久

f:id:e-vis:20170421123524j:plain

・無所属の衆議院議員(5期)、

・子供の貧困対策推進議員連盟(呼びかけ人・幹事長)、

日本スケート連盟副会長。

 ※たしか会長は高橋大輔にセクハラして開き直っていた橋本聖子

  一貫して真央ちゃんを苛めぬき、選手を守らず朝鮮に貢ぎ続けた連盟ですよね。
防衛大臣政務官鳩山由紀夫内閣菅内閣)、

内閣総理大臣補佐官(野田内閣・野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣)、

・防衛副大臣(野田第3次改造内閣)、

民進党 東京都連幹事長などを歴任。 

 

学歴

幼稚舎から一貫して慶應義塾で学ぶ。

慶應義塾大学法学部法律学科及び政治学科を卒業。

※幼稚舎から一貫して慶応で、大学は政治学科、、、これ、絵にかいたような資産家のバカボンのコースって聞いているけど本当?

1988年

慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程(憲法学)を修了。

指導教授は小林節だった。

 

Sponsored Link

 

影響をあたえたであろう、小林節

f:id:e-vis:20170421123627j:plain
1968年、

慶應義塾大学法学部法律学科に入学。大学時代は当時隆盛を極めていた学生運動に背を向け、睡眠1日2時間の生活を4年間貫いて伊東乾のもとで猛勉強を重ね、首席で卒業。
1974年

母校・慶應義塾大学に勤務、

1989年

法学部教授に就任。

2014年3月末

教授を退職、同年4月から慶應義塾大学名誉教授。

2016年1月、

「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」(民間立憲臨調)を憲法学者・弁護士・市民運動家・俳優・アイドルなど200人と共に立ち上げ事務局担当。
出演番組

やじうまテレビ!』

モーニングバード!』

ワイド!スクランブル

報道ステーション

朝まで生テレビ!』

みんなの疑問 ニュースなぜ太郎

サンデープロジェクト

保守系に罵倒されている番組ばかり(笑)

2016年5月9日、

「安倍政権打倒」「行革」「TPP見直し」を掲げ、政治団体「国民怒りの声」を立ち上げから比例代表参院選出馬⇒落選
2016年7月15日

参院選の惨敗⇒「国民怒りの声」を「国民の声」に党名を変更。⇒活動を休止⇒政治活動から身を引き憲法学者に戻る。 

改憲論者だったがのちに変更。

・司法試験合格者ではないが、法学博士課程が設置された大学院を有する大学の法学部法律学科の教授を5年以上務めた事で、弁護士法第5条により1998年に弁護士登録。

※こういう抜け道があるんですね。知りませんでした。

・民間懸賞において「日本は侵略国家ではなかった」と論じた田母神俊雄(元・航空幕僚長)の論文に対して、「あまりにも稚拙な内容であり、(田母神俊雄は)発表の場にも細心の注意を払いつつ、学問的に語るべきである」といった主旨のコメント。

外国人参政権反対、しかし、一定の条件下においては認めてもいい
朝鮮学校 高校授業料無償化に適応に反対、違法性がある
辺野古新基地建設、憲法問題、沖縄の人々には拒否権がある。工事を強行する安倍晋三首相を批判。

(以上)

※いわゆる 「安倍ガー」の御仁みたい。

 

再び長島昭久

f:id:e-vis:20170421234502j:plain

研究者時代

1992年、

大前研一が創設した平成維新の会に参加。

1993年

アメリカ合衆国テネシー州のヴァンタービルト大学で客員研究員。

1995年

ワシントンD.C.ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で学び、国際関係論で修士号を取得する。
1997年、

アメリカ合衆国外交問題評議会研究員(アジア政策担当)に就任。

2000年1月

上席研究員(非常勤)に昇任し、ジョンズ・ホプキンス大学ライシャワー東アジア研究所の客員研究員を兼務。その後、東京財団主任研究員を務めた。



民主党時代

f:id:e-vis:20170421234704j:plain

2000年9月帰国。

同年の衆議院東京21区の補欠選挙民主党公認で立候補するも落選。

 

2003年 初当選

第43回衆議院議員総選挙に東京21区から民主党公認で立候補し、初当選。

f:id:e-vis:20170421234955p:plain


2005年9月11日 再選

第44回衆議院議員総選挙では小選挙区で敗れるも重複立候補していた比例東京ブロックで復活当選となり、再選。

選挙後の代表選挙では前原誠司の推薦人に名を連ねた。

※ちなみに、前原は池田大作落胤で、背乗りとのもっぱらの噂。後援者の焼く肉屋のオバチャンを「オモニ」とよび、実父が鉄道自殺したのに、鉄道オタクって確かに不自然。

f:id:e-vis:20170421213006j:plain

前原は、痩せてた頃の雅子ににているのね。雅子も大作の落胤なのね。雅子には腹違いの兄弟がいっぱい(笑)

池田代作の落胤と言われている人たち

f:id:e-vis:20170421225333g:plain

新代表となった前原の下で「次の内閣」のネクス防衛庁長官に抜擢されるとともに、安全保障委員会の野党側筆頭理事に就任、党内の安全保障政策の取りまとめにあたる。

2003年 母校の非常勤講師に

慶應義塾大学大学院法学研究科で非常勤講師(国家安全保障政策担当)

2006年 客員講師に

中央大学大学院公共政策研究科で客員教授を務める。

その後、前原に代わり代表に就任した小沢一郎の「次の内閣」でもネクス防衛庁長官に留任。
2009年、三選

第45回衆議院議員総選挙に東京21区から民主党公認で立候補し3選。

同年9月18日防衛大臣政務官

鳩山由紀夫内閣防衛大臣政務官に就任。

f:id:e-vis:20170421232711j:plain

2010年6月8日 防衛大臣政務官

菅内閣においても防衛大臣政務官に再任。

f:id:e-vis:20170421232742j:plain

同年9月 退任⇒党の安全保障調査会事務局長

菅第1次改造内閣の発足に伴い退任。その後、党の外交安全保障調査会事務局長を務めた。

f:id:e-vis:20170422000406j:plain


2011年9月、内閣大臣補補佐官

野田内閣発足に伴い、内閣総理大臣補佐官(外交および安全保障担当)に就任。

f:id:e-vis:20170421234032j:plain

2012年10月、防衛副大臣

野田第3次改造内閣で防衛副大臣に任命された。

f:id:e-vis:20170421235602j:plain

同年12月 党が大敗、でも四選

第46回衆議院議員総選挙では、民主党に逆風が吹き荒れる中、東京21区で4選。

なおこの総選挙において、東京都の小選挙区議席を獲得したのは民主党では長妻昭・長島の2人に留まった。

「負け惜しみwww」ネット民に笑われてしまったツイッター

f:id:e-vis:20170421231912p:plain

選挙後、民主党国民運動委員長に就任。


2013年9月 民主党副幹事長に

民主党副幹事長に就任

f:id:e-vis:20170421234704j:plain

同年9月13日

民主党東京都連会長松原仁の下で都連幹事長に就任。

同年3月5日、グループ退会

所属していた野田グループ前原グループを退会。
2014年2月、会を結成

吉良州司北神圭朗鷲尾英一郎らと共に党内派閥「国軸の会」を結成、会長に就任する。「国軸」とは、平城京から吉野を経て熊野に至る日本列島の中心を縦断するラインのことを称する。奈良県吉野で合宿をした際に、「国に政策の軸を立てる」との意味を込めて命名されたという。
2014年12月 5選

第47回衆議院議員総選挙では、小選挙区で敗れるも重複立候補していた比例東京ブロックで復活当選し5選。
2015年1月 細野の推薦人に

民主党代表選挙では、元幹事長・細野豪志の推薦人に名を連ねた。 

f:id:e-vis:20170421235725j:plain

2015年09月 ツイートしたら炎上

安保可決時、民主党議員がプラカードを放置して立ち去る。国会はゴミだらけ。

長島「プラカードを放置するとは、野球観戦者以下のマナー」⇒野球ファン激怒、炎上

f:id:e-vis:20170421201032j:plain

 

民進党時代

f:id:e-vis:20170421235040j:plain
2016年9月 前原を支援

民進党代表選挙に自ら立候補することを検討したが、必要な20人の推薦人が確保できず、立候補を断念した。その後、前原誠の支援に回る。

f:id:e-vis:20170422000731j:plain


2017年4月、離党するも受理されず、除名あつかいに、

党が日本共産党との共闘路線を採用し、党の基本政策にまで影響を及ぼすことになったことは受け入れがたいとし、離党届を提出。
同党の野田佳彦幹事長は「東京都議選を間近に控え、都連幹事長としての責務を放棄する背信行為だ。議も有員として権者を混乱させ、党の信用を失墜させた」と批判し離党届を受理せず、同月12日の常任幹事会で長島を除籍(除名)処分とすることを決定。

 

wikiより編集

f:id:e-vis:20170422061114j:plain

・"保守政治家"を自認している
・尊敬する人物は小泉信三
座右の銘は「命もいらず、名もいらず、官位も金も望まぬ者ほど御し難きものはなし。しかれども、この御し難き者にあらざれば、国家の大業を計るべからず」(西郷南洲遺訓)

※長島氏とは関係ありませんが、これ、余命をはじめ保守日本人に化けた外人がよくつかうんですよね。 

活動・主張

地方分権のための憲法改正
憲法改正に賛成。基本的人権の保障のさらなる深化、一院制への移行、地方分権を実現させるための憲法改正が必要だと主張している。

集団自衛権の見直しに賛成
集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成。前原誠司が主宰する防衛研究会に参加した。

蓮舫らをを嘆く

2014年4月、元行政刷新担当大臣の蓮舫民主党議員15人が、党首の吉田忠智を含む社会民主党議員4人との連名で、第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認を支持しないようアメリカ大統領のバラク・オバマに求める文書を在日米大使館に提出したことについて、Twitter上で「属国でもあるまいし、嘆かわしい」と批判した。

核武装に反対、エネルギーについて
・日本の核武装について検討すべきでない

原子力規制委員会の新基準を満たした原発は再開すべき。

2030年代に原発稼働ゼロを目指し、再生化のエネルギーの開発普及を加速させることを主張。

2011年、首相菅直人による玄海原子力発電所再稼動によって混乱がもたらされたことに反発し、吉良州司ら党内保守派の中堅・若手議員11人とともに「国益を考える会」を結成。同年7月13日に長島、吉良の2名が首相官邸を訪れ、内閣官房副長官仙谷由人に対し菅内閣の即時退陣及び安全性が確認された検査済みの原発の早期再稼動を求める文書「菅総理の即時退陣を求めるの議」を提出した。

後に、野田政権時の「2030年代原発ゼロ」閣議決定を支持していると語っている。
女性宮家の創設に反対。
・選択的夫婦別姓制度の導入に反対。
・日本のTPP参加に賛成。

靖国問題
首相の靖国神社参拝には反対

2016年8月15日に自身は参拝。また、英霊を追悼する施設を一宗教団体に丸投げしている現状を改革し、天皇陛下にも自然な形で御親拝いただける環境を整えるべきと主張している。

村山、河野談話
村山談話及び河野談話の見直しはすべきではないとしている。

特定秘密保護法
特定秘密保護法が必要であるとしているが、2013年11月に自民党他から提出された特定秘密保護法案には「秘密指定の曖昧さ」や「第三者機関の設置」、「国会の関与」など法案に不備が多くあることを理由に反対討論を衆議院本会議で行ったと述べている。

永住額国人の選挙権付与

永住外国人への地方選挙権付与にどちらかと言えば反対。不完全な形での選挙権付与ではなく、日本へ帰化する基準を緩和するべきだと主張している。 

連立について
・第46回衆議院議員総選挙(2012年)後の政権は、民主党自民党による大連立が望ましいとしていた。
日本共産党社会民主党との野党共闘には反対。

・2015年に共産党が安保法制廃止を目指して提案した「国民連合政府」構想については、「うちにプラスになりません。利用されるだけじゃないですか」と岡田克也民主党代表に述べ反対した。

子どもの貧困対策推進議員連盟
・2015年1月に発生した川崎市中1男子生徒殺害事件をきっかけに、事件の背景となった子どもの貧困問題に深く関心を持つようになったと語っている。翌年発足した超党派「子どもの貧困対策推進議員連盟」の呼びかけ人となり、発足後は幹事長に就任した。
公的な給付型奨学金の導入に賛成。

民進党との関係

・2010年9月27日、民主党国会議員有志とともに、沖縄県尖閣諸島沖漁船衝突事案への菅内閣の対応を批判する内容の「建白書」を、当時の内閣官房長官仙谷由人へ手渡した。
・2016年2月、馳浩文部科学大臣岡田直樹財務副大臣に制度の導入を求めたが、財源の確保や給付対象者の選定時の平等性などを理由に難色を示された。
・2016年7月の東京都知事選で、民進党都連は長島を軸に候補選考を進めてきたが、長島が野党4党共闘の枠組みでの立候補に否定的なことから、候補から外れた。
民進党代表選挙での蓮舫の「二重国籍」問題に関して有志の議員20名と共に、蓮舫自らが問題の説明をする機会を求めた要請書を党執行部に提出した。

以上

 

・尊敬する人物は小泉信三

※美智子を皇太子の妻にねじ込んだ、クリスチャンの国賊ですが、、、

女性宮家反対、

河野談話村山談話の見直しはひつようなし

※おいおい、おっさん、保守じゃないのか

・共産との連携は反対

選択的夫婦別姓制度の導入に反対
・日本のTPP参加に賛成

・将来的に原発ゼロをめざす

※都知事選にでた細川がおんなじこと言ってましたね。あと、ソフトバンクの某を思い出しました。

・首相の靖国参拝反対、個人的に参拝はしている。

地方分権をすすめるための憲法の見直しはするべき

※竹中や橋下も同じこと言ってましたが、これ、日本の解体につながりますが、、、。

 

この方、政治的には、民主党より公明党のほうがちかかったのかな、と思ったりして。

続きます。

 

もみもみもみ

http://images5.fanpop.com/image/photos/26300000/Cat-Gif-cats-26334443-320-240.gif