でれでれ草 DereDre Gusa

でれでれなるまゝに、 日ぐらしPCに向かひて、 心にうつりゆくよしなしごとを そこはかとなく書き付くれば、 あやしうこそ物狂ほしけれ。 ああ@でれでれ

全員別人!すり替わった影武者!

f:id:e-vis:20161129210424g:plain f:id:e-vis:20160329020153g:plain f:id:e-vis:20170608115029g:plain

f:id:e-vis:20170527114136g:plain f:id:e-vis:20170527114752g:plain f:id:e-vis:20170613072942g:plain

続・眞子様180@眞子様はいつから三越睦になったのか

f:id:e-vis:20160827061600g:plain

◆拙ブログ内の画像や文(他サイトさんからの転載以外)はフリーです。ご挨拶も、お断りも御無用です。拡散希望です。

 ◆人気ブログランキングに参加しています

 

 前へ 次へ

拙ブログへ、お越しいただきありがとうございます。 

f:id:e-vis:20170705222005p:plain

 

コメント欄より

更新ありがとうございます。 本当に頭の中を整理しないと分からなくなりますね。 こちらのブログ様の画像をお借りし、過去を辿ってみました。

2016年10月03日

眞子内親王殿下「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス」ご臨席

http://40836714.at.webry.info/201610/article_2.html

f:id:e-vis:20170705221430j:plain

f:id:e-vis:20170705221433j:plain

これは本当にこれぞ眞子様。 傍に居合わせた方たちが、眞子様の微動だにしない所作の美しさに驚き感動されています。 眞子様体幹がしっかりとされていますよね。 この翌日のおそらく偽物の眞子様とキムコムロの電車デートが隠し撮り?され女性誌に掲載されたんですよね。 あと順を追って見て

2017年03月06日

秋篠宮両殿下、眞子殿下、佳子殿下、両陛下ベトナムご訪問につきお出迎え http://40836714.at.webry.info/201703/article_1.html

f:id:e-vis:20170705221539j:plain

f:id:e-vis:20170705221546j:plain

ここまでが眞子様だと確認出来ました。

 

2017年03月20日

秋篠宮両殿下、眞子殿下、佳子殿下、春季皇霊祭の儀ご参列 http://40836714.at.webry.info/201703/article_7.html

f:id:e-vis:20170705212639j:plain

f:id:e-vis:20170705212643j:plain

f:id:e-vis:20170705212646j:plain

f:id:e-vis:20170705212648j:plain

2017年04月20日

秋篠宮両殿下並びに眞子内親王殿下、春の園遊会ご臨席 http://40836714.at.webry.info/201704/article_10.html

f:id:e-vis:20170705212728j:plain

f:id:e-vis:20170705212733j:plain

f:id:e-vis:20170705212823g:plain

この2つは眞子様でないなと思いました。 表情に締りが無い、髪の乱れ、髪の質、着物の着付け所作などが汚いです。

 

不思議なのはこれです。

ブータン公式ご訪問1羽田空港お発ち(2017年05月31日) http://40836714.at.webry.info/201705/article_23.html

この空港ロビーには何か2人の眞子様がいますよね。

f:id:e-vis:20170705212912g:plain

髪が前に掛らず姿勢の良い女性と、

f:id:e-vis:20170705202743j:plain

 

髪が前に掛かり姿勢がとても良いとは言えない女性。

f:id:e-vis:20170705202610j:plain

f:id:e-vis:20170705202710j:plain

遠目に写っている2枚、髪が前に掛かっていない女性が本当の眞子様だと思います。

髪の長さ・質・整え方、立ち姿の体幹が全く違います。 一体どういうことなんだろう? 眞子様が確認出来るのはこのブータンご出発の2枚の写真が最後です。 早く本当の眞子様にお目にかかりたいです。 叶います様、願うしかないですもう。

※(管理人)鋭いご指摘と検証、ありがとうございます。たしかに、2人いますね。ブータンでのお迎えも2人いるとご指摘いただきました。会見にでてくるのはこの人でしょうね。

f:id:e-vis:20170706114955g:plain

 

 

 

コメント欄より 

少しお疲れになっているのだと思います。 佐藤睦さん、名前も画像も出されても何の反応もないのですか? 違うなら違うと言わないと仲間に迷惑かかると思いますが。 事務所公認なのでしょうか? まさかまだ知らないのですかね? hiromi様の所に抗議とかないですか?

※(管理人)お気遣いいただきありがとうございます。佐藤睦側からのクレームは来ないですね。

都議選で自民は都議選に惨敗しましたが、どう考えてもおかしい内容でした。現職議員の票の、新人の都民Fが2倍の票を得たというのが、アホ臭くて。しかしながら、都政自民もいい加減反省すると思います。舛添を候補にするといった時は、猛反対されてたのに。それに、今後、不正出来ないように選挙のシステムを変えてくるでしょう。長い目で見ると、それでいいと思ます。国政でなくてよかったです。

 

Sponsored Link

 

 

 

本物の眞子さまはどうしているのでしょう。

無条件に秋篠宮家を尊敬し信頼申し上げていましたが。本物の眞子様が小室みたいな下賤な奴と結婚させられるというのなら、大問題ですが、本物の眞子様がこの世に存在せず、あるいは自主的にお立場を放棄されているのなら別ですね。

小室と結婚する相手が眞子様の偽物のムツミの誰かであるなら、正直どうでもいいです。そのかわり、もう二度と皇室とかかわらないでほしいですね。国民の反対を押し切っての結婚何ですから当然持参金もなし。ご結婚後は、園遊会や晩餐会など税金を使ったものへの参加は禁止。小室家のレベルにあったお暮しをするべきです。

女性宮家なんてとんでもない!

偽物であれ誰であれ、在日フリーターのマザコン母子を養うために働いてください。

たとえ本物であっても、あんな下賤な男と結婚するなら、そんな内親王要らないです。

眞子様がすり替わっているなら、ほかの秋篠宮家の方々も怪しいです。

とくに紀子様。細面になり、お顔のパーツが中央によってませんか。雰囲気も高級料亭の女将みたいな感じ。

f:id:e-vis:20170705220556j:plain

佳子様もどうなんでしょう。

f:id:e-vis:20170705220443j:plain

悠仁さまは?文仁親王殿下は?

f:id:e-vis:20170705220637j:plain

仮に、秋篠宮家が総入れ替えされているなら、もう、明治天皇系の皇室皇族皇統には価値がありません。120名いるという、旧宮家皇別摂家の男系男子がおられます。竹田や近衛のような問題のある家は排除し、さらには北白川女官長のようなカトリック教徒の裏切り者をだすような家も排除したうえで、適正な男系男子を選別し皇籍復帰していただきお迎えすればいいだけのはなしです。皇統が北朝に戻るということです。

どうしても、偽物が皇居に居座る続けるなら、本物の朝廷の御所は東京でなくてもいいと思います。もともとの京都に御所を設ければいいじゃありませんか。

 

しかしながら、なんで、今上は東京なんかで即位式をしたんでしょうね。

皇居といってももとは配下の徳川家の家。家臣の家ですよ。それに、開闢して400年ちょっとでしょうか。一方京都は1200年祭祀王が祈りこんできた宮中であり神殿でした。培われてきたものが違います。美智子や明仁さんには、京都御所で即位するということの意味が解ってなかったんでしょうね。今年は平成29年ではなく、昭和92年なんですね。

仮に、秋篠宮家が総入れ替えになっていたら、もう今の明治天皇系には見切りをつけて、常陸宮ご夫妻以外の皇族の正統性のなさと罪を明らかにして追放し、旧皇族の適正な男系男子の皇籍復帰運動しますヨ。めっちゃ、頑張りますから。

本流が絶えたら傍系宮家から迎えて皇統をつなげる。そうやって、皇室は継続してきたのですから。

7月8日、どんな会見になるのか、だれが出てくるのか楽しみになってきました。誰がくるのかなー、やっぱり三越ムツミですか?佐藤はもう今は似てないですしね。トミーズは無理がありすぎ、ぎぃこちゃんも無理があるし、それとも全くのバーチャルでしょうか。どの小室かなー、キム?海の王子?それともニューフェイスあー楽しみだわー。

 

この箱にはいるには100年早いわ

https://lh3.googleusercontent.com/--zeTVnixCgQ/VDXw2W_agOI/AAAAAAAEKW8/7hYi2kVQ3dU/w320-h300-p/wake%2Bup.gif

 前へ 次へ